トヨタが乗り出す、「賃金制度改革」の真相

社内の少子高齢化が悩みのタネに

賃金制度の改定のほかに、現場の監督である「GL(グループリーダー)」やGLを統括する「CL(チーフリーダー)」の肩書を、それぞれ「組長」「工長」へ変更することも提案。「組織を統率し人材育成を進める責任者である『長』であること今まで以上に意識し、メンバーにも認識して頂くため」と説明している。名称変更に伴って、組長、工長には職位手当を導入することで、人材育成への意識づけを強化する狙いもある。

一方で組合側は、求められる役割を実践する課題として、GLは5大任務(品質、安全、生産、原価、人事)の負荷が大きく、面倒を見るに時間が取れないこと、CLは数年で異動するケースがあり、後継者を計画的に育成する難しさがあることを挙げている。

全体の賃金制度改革について、議論の必要性は認めつつも、大きな変更となるだけに組合側は慎重に進めることを求めている。たとえば、年功による昇給割合の縮小は評価の公平性・納得性やチームワークへの影響を懸念する声がある。再雇用時の待遇についても、会社案は「余人を持って代えがたいような卓越した技能を有する人材」としており、限られた一部の対象とすることへの不安感も持っている。

「意思ある踊り場」で体質強化

昨年、「意思ある踊り場」と述べた豊田章男社長は、2015年をどんな年と位置づけるのか(撮影:尾形文繁)

グローバル販売で1000万台を達成したトヨタは現在、足元を「意思ある踊り場」と位置づけ、持続的な成長に向けた基盤作りを進めている。

2013年度から工場新設を3年間、原則として凍結してきた。まず既存ラインの有効活用を徹底することで生産性をさらに引き上げることが狙いだ。現状は、飛躍的に生産性を高めた計画ならば、必ずしも工場新設を否定しないトーンに変わっているものの、安易な新設をいさめる方針は変わっていない。

生産面の体質強化だけでなく、ディーゼルエンジンやブレーキ事業など、トヨタグループ内で重複していた部品生産の再編整理にも乗り出しており、「踊り場」からさらなる飛躍に向けた準備に余念がない。直近、「足元は強くなったが、20年先を見据えて今手を打つ必要がある」と、トヨタ首脳が語っていた。その言葉通りに自動車業界の巨人は歩を進めている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT