【産業天気図・食料/飲料】猛暑でも台風襲来に泣く。05年もビールは横ばいか

2004年の猛暑は飲料、アルコール業界にとって願ってもない追い風だった。飲料業界は各社とも7月は2~3割増とフル操業。ところが、8月後半以降、西日本では台風が相次ぎ襲来。消費者の外出機会が減ったうえマインドを冷やした。夏場の需要増は一時的なもので、結局は4%増に落ち着きそうだ。この伸びも天候要因によるだけに、05年の伸びはグッと圧縮されそうだ。
 一方、ビール・発泡酒は猛暑でも総市場が前年を割り込んでいる。1~10月の出荷数量は5%減。統計には表れないサッポロビールの「ドラフトワン」(雑酒扱い)を加えても前年比マイナスだ。7月こそ猛暑効果を満喫したが、他の月は低迷。消費低迷、若者のアルコール離れにビール各社とも対応しきれていない。各社、新種ビールでの市場掘り起こしに躍起だが、成功していない。ドラフトワンは税制の間隙をつき、発泡酒より10円安い(350ミリリットルの場合)第3のビール市場を作り上げた。
 消費者のアルコール離れは徐々に浸透しており、05年も総市場は横ばいを確保できれば上出来かもしれない。総合すると、業界の空模様は『曇り』といえよう。
【長谷川隆記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。