【産業天気図・鉄道】2005年度も最高益。震災特損のみが悪材料

鉄道各社は、2004年度に続き05年度連結経常利益も最高益を更新しよう。パターンとしては定期を中心に運輸収入は伸び悩み、それを流通、不動産などの関連事業の伸びで補う形だ。
 トレンドとして運輸事業は少子化、人口減少の影響から逃れられない。そのため、各社は駅中ビジネスでの収益最大化を志向し始めた。JR東日本の東京駅八重洲口再開発、JR東海の品川駅再開発、JR西日本の大阪駅再開発、阪急電鉄の西宮北口駅前再開発などは、その典型。東急電鉄の渋谷駅再開発も浮上する。大型投資は各社とも当分続く。
 苦戦が続く鉄道事業は、他社との差別化で乗客を取り込もうと各社とも懸命だ。小田急電鉄の世田谷複々線化、JR東日本の湘南新宿ライナーの増発、東急電鉄のみなとみらい線の相互乗り入れなどがそれに当たる。
 基本的には『晴れ』の状況が続く。ただ『時々曇り』が付く。新潟中越地震がJR東日本の04年度の業績に響くからだ。会社側は未発表だが、110億円近い減収、100億円以上の震災特損が圧迫しよう。しかし、この影響も1期限り。来期のJR東日本の業績は回復する。
【田北浩章記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT