有料会員限定

限界寸前、疲弊するドライバーたちの悲惨な証言 長時間待機に商品陳列も、荷主の理不尽な要求

印刷
A
A

荷主の要望に翻弄される日々。長時間労働の是正だけでは報われない。

深夜、多くのドライバーがサービスエリアで仮眠を取る(写真:筆者提供)

特集「崖っぷちの物流」の他の記事を読む

過重労働が放置されてきたトラックドライバー。物流業界は2年後に残業規制の適用が待ち構えており、働き方改革は待ったなしだ。
デジタル特集「崖っぷちの物流」(全7回)では、過酷なドライバーの働き方や、物流会社、荷主の対応などについて焦点を当てた。第1回は「限界寸前、疲弊するドライバーたちの悲惨な証言」

第2回:最大手ヤマトが見据える「物流2024年問題」の焦点
第3回:置き配で「罰金5万円」、ドライバー搾取の深刻問題
第4回:物流業界の「下請け構造」はDXで打破できるか
第5回:身売り・廃業に悩む「下請け運送業者たち」の悲鳴
第6回:30分以内にお届け「爆速クイックコマース」の衝撃
第7回:アスクル、ローソンが始める「配送現場」の大改革

おそらく誰もが一度はトラックの路上駐車を目撃したことがあるだろう。「邪魔だな」と、運転席をのぞき込もうとした人もいるはずだ。

トラックの路上駐車の多くは道路交通法違反。メディアでも時折、「迷惑駐車をするトラックの実態」と銘打ち、ハンドルに足を上げてふてぶてしくスマホをいじるドライバーの姿などが報じられる。

元トラックドライバーの筆者はその光景を見るたび、底知れぬ憤りを覚える。矛先は、路上駐車をするドライバーではない。こうした現状にいつまでも対応しない国や荷主、そして表面上の問題しか報じないメディアに対してだ。

遅れてはダメ、早く行ってもダメ

荷主の指定時間に遅れる「延着」がドライバーに許されないことは、誰もが想像できるだろう。が、彼らに「早着」も許されないことは、世間であまり知られていない。

荷主は運送業者に対し、とにかく細かい時間指定を行う。背景の1つに、メーカーを中心に浸透する「ジャスト・イン・タイム生産方式」(必要な部品や材料をその都度発注する方式)がある。在庫を極力抱えたくない荷主は、ドライバーの荷台を「倉庫」と捉え、「必要なとき」に「必要なモノ」を「必要なだけ」、搬出入させるのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内