アマゾンで格安配送、ヤマトの攻勢が止まらない 同業他社からは「いずれ限界が来る」との声も

印刷
A
A

4年前の法人向け値上げから一転、ヤマトの価格攻勢が続く。勢いづく中である懸念が見え隠れする。

ヤマトは自社ドライバーだけでなく、下請けの運送会社への配送委託も増やすことで荷物増に対応している(撮影:今井康一)

特集「EC物流狂騒曲」の他の記事を読む

EC物流の拡大で勢いづくヤマト運輸が、新たな一手を繰り出した。

10月5日、国内EC(ネット通販)最大手のアマゾンジャパンは、ヤマトと共同で自社ECモールの出店者向けの配送サービスを開始すると発表した。年内をメドにサービスを始める予定で、アマゾンジャパンの永妻玲子セラーサービス事業本部長は「出店者の配送コスト削減につながるような価格設定にした」と安さをアピールしている。

主なターゲットは、商品を自社出荷する中小規模の出店者だ。アマゾンのECモールに出店する事業者はおよそ16万社。アマゾンは直販ビジネスでは自前物流の拡大を進めているが、出店者の多くは宅配大手3社に配送を委託している。ヤマトとしては顧客拡大の余地があるとみたわけだ。

新たな配送サービスは、前月の出荷量に応じて割引額が増える。例えば、前月に500個以上の荷物を出荷した場合、60サイズの荷物を436円、小型荷物の「ネコポス」を174円で配送できる(いずれも同一エリア内の配送料)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EC物流狂騒曲
ヤフーの出店者が驚いたヤマトの格安配送
破格の配送料金に中小の物流業者は困惑
ヤマトの「サクセスストーリー」に残る懸念
過去最高益を更新し自信を深める
“ヤマトと心中"ヤフーのEC責任者が激白
物流強化でアマゾン、楽天を追撃
楽天とのタッグに透ける日本郵便の焦り
「万年3番手」を返上できるか
アマゾン「物流のドン」退任が招く波紋
物流の自前化で「脱ヤマト依存」が加速
楽天、物流事業で浮上した運送会社との訴訟問題
自前物流網の強化を急いだが、またも空振りに
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
協業の狙いはクール便の配送以外にもある
「脱・大手」の兆し?新興サービス相次ぐ宅配大混戦
3PL大手や中小運送会社が独自配送網を構築
M&Aを連発!「物流の革命児」が宅配強化の思惑
中小運送会社も続々買収、業界再編で台風の目
全国データでわかる「宅配争奪戦」の現在地
愛知は軽貨物の事業者が4年で5割近く増加
アマゾンで格安配送、ヤマトの攻勢が止まらない
同業他社からは「いずれ限界が来る」との声も
再配達防ぐ!マンション「置き配問題」解決の鍵
デベロッパーや、宅配大手、アマゾンも熱視線
メルカリが「物流」で猛攻、新会社立ち上げの必然
業界のベテランを幹部に招聘、配送代行にも本腰
「物流を科学する」メルカリ新会社キーマンの野望
ヤマト・アマゾン出身、業界のベテランに直撃
アマゾンが頼る「物流の黒子」が同業を買う必然
アマゾンとのパイプ強化を狙うがリスクも
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内