「物流を科学する」メルカリ新会社キーマンの野望 ヤマト・アマゾン出身、業界のベテランに直撃

印刷
A
A

ヤマト運輸に新卒入社して以降、物流一筋のキャリアをたどってきた進藤氏がメルカリの物流新会社に参画。コンビニなどに多大な負担をかける現状をどう打破するのか。

メルカリが10月末に設立した物流子会社・メルロジ。ヤマト運輸やアマゾンジャパンで物流ビジネスの経験を積んできた進藤智之氏がCOO(最高執行責任者)に就任した(記者撮影)

特集「EC物流狂騒曲」の他の記事を読む

2020年の1年間、全国の宅配便取扱個数50億個のうち、フリマアプリ「メルカリ」の荷物が5~10%を占めた。月間利用者数は今年9月に2000万人を超えるなど、いまだ成長が止まらないメルカリがぶち当たったのが、物流の壁だ。
とくに郵便局やコンビニでの商品発送時の作業負荷が大きく、持続可能性に不安が出ている。今やコンビニから発送される荷物の8割がメルカリの出品物だ。
そうしたメルカリの荷物の「集荷網」を改革しようと10月末に立ち上がったのが、物流子会社のメルロジだ。集荷に限らず、EC店舗向けの配送代行サービスまでを手がける野心的な計画を掲げる(詳細は11月配信のこちらの記事)。
同社がCOO(最高執行責任者)に呼び寄せたのは、2013年から7年間アマゾンジャパンで物流戦略を担い、直近はイオンでネットスーパーの新規事業を手がけた進藤智之氏。ヤマト運輸に新卒入社して以降、物流一筋のキャリアをたどってきた。
メルロジが目指す方向性、メルカリグループに転身した理由などについて、進藤氏に話を聞いた。

「ゆっくりの配送でいい」ニーズに着目

――ヤマト、アマゾン、イオンと物流・流通業界で経験を積んできた中、なぜメルカリに転身したのでしょうか。

会社は変われど、物流業界に20年間携わってきた。メルロジCEOの野辺(一也氏)とも長い付き合いで、定期的に意見交換を行ってきた。物流ビジネスのカギは、サービスレベルとコストをどう両立するかだ。それを考えるうえで、メルカリに求められる物流はとても新鮮で、強い衝撃を受けた。これが入社した大きな動機だ。

――従来の物流とは何が違いますか?

サービスレベルを考えると、通常のECは早く欲しいという需要が圧倒的に大きい。アマゾンやヨドバシカメラなどがスピードを最重要視している。それがお客さんにとっての最良のサービスだと思われてきた。

ただメルカリの場合、ある程度時間に余裕をもった受け取りでいいという人の割合が、ほかのECよりも大きい。私の経験の中でも新しい世界だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EC物流狂騒曲
ヤフーの出店者が驚いたヤマトの格安配送
破格の配送料金に中小の物流業者は困惑
ヤマトの「サクセスストーリー」に残る懸念
過去最高益を更新し自信を深める
“ヤマトと心中"ヤフーのEC責任者が激白
物流強化でアマゾン、楽天を追撃
楽天とのタッグに透ける日本郵便の焦り
「万年3番手」を返上できるか
アマゾン「物流のドン」退任が招く波紋
物流の自前化で「脱ヤマト依存」が加速
楽天、物流事業で浮上した運送会社との訴訟問題
自前物流網の強化を急いだが、またも空振りに
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
協業の狙いはクール便の配送以外にもある
「脱・大手」の兆し?新興サービス相次ぐ宅配大混戦
3PL大手や中小運送会社が独自配送網を構築
M&Aを連発!「物流の革命児」が宅配強化の思惑
中小運送会社も続々買収、業界再編で台風の目
全国データでわかる「宅配争奪戦」の現在地
愛知は軽貨物の事業者が4年で5割近く増加
アマゾンで格安配送、ヤマトの攻勢が止まらない
同業他社からは「いずれ限界が来る」との声も
再配達防ぐ!マンション「置き配問題」解決の鍵
デベロッパーや、宅配大手、アマゾンも熱視線
メルカリが「物流」で猛攻、新会社立ち上げの必然
業界のベテランを幹部に招聘、配送代行にも本腰
「物流を科学する」メルカリ新会社キーマンの野望
ヤマト・アマゾン出身、業界のベテランに直撃
アマゾンが頼る「物流の黒子」が同業を買う必然
アマゾンとのパイプ強化を狙うがリスクも
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内