有料会員限定

30分以内にお届け「爆速クイックコマース」の衝撃 配送員確保に苦しむネットスーパーを猛追

印刷
A
A

自転車で生鮮品や日用品を届ける「爆速EC」が勢力を伸ばしている。

急増したフードデリバリー配送員の中には、クイックコマースの配送を兼業する人も(撮影:梅谷秀司)

特集「崖っぷちの物流」の他の記事を読む

過重労働が放置されてきたトラックドライバー。物流業界は2年後に残業規制の適用が待ち構えており、働き方改革は待ったなしだ。
デジタル特集「崖っぷちの物流」(全7回)では、過酷なドライバーの働き方や、物流会社、荷主の対応などについて焦点を当てた。第6回は「30分以内にお届け『爆速クイックコマース』の衝撃」。

第1回:限界寸前、疲弊するドライバーたちの悲惨な証言
第2回:最大手ヤマトが見据える「物流2024年問題」の焦点
第3回:置き配で「罰金5万円」、ドライバー搾取の深刻問題
第4回:物流業界の「下請け構造」は、DXで打破できるか
第5回: 身売り、廃業に悩む「下請け運送業者たち」の悲鳴
第7回:アスクル、ローソンが始める「配送現場」の大改革

ドライバー不足が叫ばれる一方で拡大するEC(ネット通販)。その需要に対応すべく、新たなサービスが急成長している。

小売り全体でECシフトが進む中、まだまだ成長途上にあるのが食品分野だ。経済産業省によれば、2020年の「食品、飲料、酒類」のEC化率は3.3%。アパレル(19.4%)や化粧品(6.7%)と比べても一段と低い。

食品のECで多くを占めるネットスーパーは、コロナ禍を経ても広く一般に浸透していない。調査会社マイボイスコムの2020年10月の調査では、ネットスーパーを利用している消費者は11.1%、定期利用者はわずか3.2%だった。

高まる需要に対しドライバーが不足

ネットスーパー拡大を阻むのが、ドライバー不足だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内