妻が夫に「三行半」を突き付ける最大の理由 高橋・三船夫妻の騒動は他山の石か

拡大
縮小

離婚問題に携わる筆者から、離婚を回避するための3つの解決策を提示したい。

まず、「お互いのパーソナリティーを認め合うこと」だ。特に、夫が「釣った魚にエサを与えない」態度を持つようなことがあれば改めたい。妻は家来でも家政婦でもないのである。相手をおもんぱかり、お互いの役割分担を明確にし、助け合うことがうまくいく秘訣の一つである。

次に、「家計は妻に一任した方が良い」。女性の持つ現実的思考の特性を活かし、家庭の収支面を仕切ってもらうと上手くいくケースをみてきている。教育費、交際費など、学校やご近所との接点を多く持つ機会のある妻が家計をきりもりするほうが効率は良いのではと思う。

互いに感謝の気持ちを

最後に、「夫婦お互いに感謝の気持ちを持つこと」が一番重要である。人間は、微笑まれたり、褒められたり、感謝されたりして不快になることは、特別な事情のない限り、まずはあり得ないものである。生活資金のために働く行為、食事を作ってくれる行為、洗濯をしてくれる行為、家の掃除をしてくれる行為、子供の面倒をみてくれる行為に対して、感謝の言葉を添えるのである。

1日に何度言っても良いし、同じことに対してでも良い。特に、夫は恥ずかしいという気持ちを脇に置き、素直に妻に対して「いつもありがとう」と感謝の気持ちを言葉で必ず伝えるようにしたい。女性は言葉を掛けてくれるのが嬉しいのである。妻も夫に対して、大黒柱として尊敬し感謝すること。そして、お互いに共通するのは、「お互いの悪い点ではなく、良い点を見て褒めたり感謝したりすること」。これらが夫婦円満の秘訣であり、習慣である。

高橋ジョージさんのヒット曲「ロード」の歌詞ではないが、「何でもないようなことが幸せだったと思う」と感謝の気持ちを思い起こし、老いて寂しい気持ちで過ごす「離婚ロード」を歩まないようにしたいものである。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT