小中学生の「野球肘検診」実施が重要視される背景 全国各地で実施も、ほとんどがボランティア

印刷
A
A

野球肘検診は徳島県で始まった。徳島大学病院が野球少年の障がいの実態を調べるために、少年野球組織と連携して大規模な検診を行ったのだ。

それ以降、各地で実施されている。筆者は新潟県、群馬県、奈良県などでも「野球肘検診」を見てきたが、これらはすべて「兵庫野球肘検診」と同様、医師、理学療法士などのボランティアで運営されている。

谷中氏のような実行力のある指導者と、美舩氏のような理解ある医師がいる地域では、こうした大規模な野球肘検診が実施できるが、実施資金やリソースが足りない地域では、実施されていない。

野球界に必要な意識改革

野球少年の心身の健康を守るのは、第一に保護者、そして指導者、さらには学校や各種野球団体の責務ではないだろうか。

日本高野連は2018年に「高校野球200年構想」を打ち出したが、その5大目標の一つは【けが予防】だった。

【けが予防】
けが予防講習会の開催
高校生対象の肩ひじ検診の実施
小中高生対象の継続的な肩ひじ検診の実施
けがの予防やセルフチェックのための手引書、DVDを製作
野球手帳の製作

しかし日本高野連が主催した大規模な野球検診などは、いまだに行われていない。

谷中氏は語る。

「今年は480人が参加して、OCDの罹患者は14人でした。回数を重ねることで、指導者が代わっても来てくれるチームも増えました。チームの中には公式ホームページに『兵庫野球肘検診に参加しています』と書いているところもあります。PRになるんですね。

また『OCDの子が出たらチームの恥や』と思う指導者も出てきました。意識は少しずつ変わってきていると思います。これからは後継者も育成して、ずっとこの活動を続けていきたいですね」

この分野でも野球界の意識変革を促したい。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT