暴れん坊Uberが東京で受け入れられるワケ

各国で規制違反が問題に、一方で日本は?

日本は20世紀に数多くの優れたサービスや製品を投入してきたが、今もそれをそのまま引きずっている側面があると、今回7年ぶりに日本に帰ってきてすぐに感じた。今は海外発のサービスがどんどん入ってきていて、日本発のものが減っている。ただ、自分もソニーにいたのでわかるのだが、日本人は現在あるものを改良するとか、かっこよくするとかといったことは、非常に得意だ。Uberのようなオンデマンドサービスの普及をまず日本で促すことで、これを起点に日本人のオリジナリティを生かした新たなサービスが日本から出てきたらいいな、と思っている。Uberがそういった循環作りのきっかけになればいい。

 最終的には利用者がサービスを選ぶ

――米国ではUberは宅配的なサービスにも関心を示しています。

都市によってさまざまなサービスがあり、たとえばニューヨークでは「UberRUSH」という、簡単に言うとメッセンジャーサービスがある。Uberのアプリから自分の近くにいるメッセンジャーを呼んで、荷物を運んでもらえるサービスだ。また、ロサンゼルスでは、「uberFRESH」というお弁当の宅配サービスのようなこともやっている。色々な形でまだまだ自分たちでも可能性を感じているので、そういったことを追求しながら、本業である交通を改善する、というところに、力を入れていきたい。

――Uberのカーシェアリングサービス「UberPop」を中心に、世界的にUberが規制に反しているとの理由から営業停止に追い込まれるケースが増えていますが、こうした動きをどう見ていますか。Uberはどのように対応していくのでしょうか。

技術の力により、今まで存在し得なかった革新的なサービスが、世界中の利用者から多大な支持を得ている。こういったイノベーションが一人ひとりの生活や街全体にもたらす価値は大きい。各国の当局と話し合いを続けながら、今後さらに拡大をしていきたいと思う。

――日本では1月上旬、LINEがタクシーの配車サービスを始めると発表しました。

新規参入によって配車サービス市場がさらに拡大していくと期待している。最終的には利用者が使うサービスを選ぶ。東京でUberは、ハイヤー、プレミアムタクシー、タクシーと、シーンに応じて利用できる幅広い選択肢を提供していることが特徴だ。今後も技術力と経験を駆使して、世界一利便性が高いサービスを目指す。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT