「米経済は景気後退入り」元FRB理事が見通し示す 「結果的にリセッションに至る公算が大きい」と指摘

印刷
A
A

米連邦準備制度理事会(FRB)で副議長(銀行監督担当)を務めたクオールズ元FRB理事は3日、数十年ぶりの高インフレの抑制に金融当局が取り組む中で、米経済は恐らくリセッション(景気後退)入りするとの見通しを示した。

同氏はイントラファイ・ネットワークの「バンキング・ウィズ・インタレスト」ポッドキャストで、「失業率が押し下げられる程度を示すインフレの強さを考慮すれば、米金融当局が再均衡化でソフトランディングに導ける可能性は低い」とし、「結果的にリセッションに至る公算が大きい」と指摘した。

FRB銀行監督副議長の任期終了後、昨年12月に理事を退任したクオールズ氏は、金融当局がより早期にインフレ抑制を目指し行動すべきだったが、FRB指導部人事に関するバイデン大統領の決定が不透明だったためにできなかったと述べた。

ランダル・クオールズ氏(2021年10月20日)Photographer: Kyle Grillot/Bloomberg

バイデン大統領がパウエルFRB議長の2期目続投を発表したのは昨年11月。パウエル氏はその翌月、バイデン氏による再指名発表まで政策のタカ派転換を控えたのではないかとの観測を否定した。

原題:

Ex-Fed Vice Chair Quarles Says U.S. Likely to Suffer Recession(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Rich Miller

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT