民主党はメディア対策の強化を! 示唆に富む英ブレア政権


 その際に得た話や文献から「官邸のメディア対応体制の整備」を整理して民主党の幹部に提案した。その概要を皆さんにお伝えしたい。

英労働党は、選挙でのメディア対策を強化した!

メディア対策で重要なのは「選挙」における対応だが、選挙においても労働党は新しい取り組みを行っている。これはトニー・ブレア氏が党首として指揮したもので、以下のような取り組みを進めたという。

(1)直接有権者と会話(コミュニケーション)。クマール議員が候補者だった頃、仕事が終わった後に戸別訪問をやっていた。年6000戸を回ったという(イギリスは戸別訪問可能)。

(2)「労働者のための党」という労働党のイメージを変えるため、学歴が高い候補者を増やし、優秀な人材で党の幹部も固めた。また、「新労働党」と銘打ちロゴなどを変えた。

(3)候補には、選挙活動のトレーニングを行った。

(4)ブレア以前は、個々の候補の発言内容が違っていたが、1992年の選挙からすべての候補者が党の政策を理解し、同じことを言うように徹底した。同じことを繰り返し言うことが重要である。

(5)政策は、中間層をターゲットに作成する。フォーカルグループにアンケートを行い政策の分析を行った。

ということだった。当たり前のことではないか、と読者は思われるかもしれないが、現在の民主党も自民党も上記の項目をすべて実施はしていない。

特に(3)(4)(5)などの充実は課題ではないかと思う(アンケートはしているが党の活動にシステマチックにフィードバックされていない)。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT