アディダス、GAPの大炎上事件から学ぶこと

「ジョークだった」では済まされない

一方で、アーバンアウトフィッターズの騒ぎはある意味「お約束」にすらなっている。

2012年には、まるでナチス政権によるユダヤ人の大量虐殺を意味する「ホロコースト」を惹起させる、胸に星印がついた黄色のTシャツを発売した。これはナチス政権下に、ユダヤ人が着用を余儀なくされたものとそっくりだった。このTシャツはユダヤ、非ユダヤの双方から非難を轟々と浴びた。「holocaust」「urban outfitters」などで検索いただければ多くの画像が出てくる。

もはや「リアル炎上商法」か

さらには、2014年に摂食障害の女性も対象としたVネックTシャツを投入。ガリガリに痩せた女性モデルを使い、胸からおなかにかけてデカデカと「eat less」と皮肉ってみせた。これを英語では、「Pro-Ana T-shirt」と呼ぶ。プロアナとは聞き慣れない単語かもしれないが、無食欲症(拒食症)のことで、もちろん一種の病気だ。ここまでくるともはや「リアル炎上商法」とも呼ぶべきかもしれない。

これも「Urban Outfitters」「eat less」と検索いただければ多くの記事が読める。炎上商法と皮肉ったものの、私見では、これに関しては正直、よくわからない。疾患者援助の観点から同社を批判する姿勢はよくわかる。そして、ある種のユーモアとしてアーバンアウトフィッターズはTシャツを販売したのだろう。もちろん、無食欲症に罹患する女性を笑ってよいはずはない。難しい問題だ。

最後はJCペニーという、大手デパートチェーンが起こした問題だ。同社が2011年に販売した長袖シャツ。そこにはポップな文字で、“I'm too pretty to do homework so my brother has to do it for me.”“ Who has time for homework when there's a new Justin Bieber album out?”と書かれていた。 

和訳すれば、「可愛い私がなんで学校の宿題なんてやんなきゃいけないのよ。そんなの私の兄弟がやってくれるわ!」「ジャスティン・ビーバーのニューアルバムが発売されているのに、宿題なんかやっているヒマなんてある?」

これには批判が殺到した。JCペニーはTシャツの販売を中止。この事件も同じく「too pretty to do homework」「JC Penney」とネット検索いただければ出てくる。若年層向けに販売されていた商品だったが、「JCペニーの性意識はまるで100年前のものだ」とも批判された。これはまだジョークの部類だろうか。それとも、やはり悪しき差別観念の表出だろうか。

次ページ作り手がジョークと思っても
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング