アディダス、GAPの大炎上事件から学ぶこと

「ジョークだった」では済まされない

アディダスは「奴隷制」という悪しき歴史を思い出させた。ギャップの「Manifest Destiny」、アーバンアウトフィッターズのホロコーストTシャツも同じく歴史問題に近いことを想起させた。同じくアーバンアウトフィッターズのTシャツは病人差別、JCペニーの「too pretty to do homework」は根深く残る性差別が表出したものだった。

「今の」日本では大丈夫かもしれないが…

これらは英語圏で大炎上し、日本では煙さえかぐことのなかった事件だった。今の日本でこれほど過敏な反応はないかもしれない。「炎上商法で上等じゃないか」と思うかもしれない。

しかし、そこには「今の」と前置きがつく。近い将来は、作り手は無意識であったとしてもこういった騒ぎを覚悟せねばならない。やはり企業が永続的に繁栄するためには、消費者を炎上させるのではなく、自社商品に共感してもらわねばならない。必要以上に怯えることもないが、ソーシャルネットワーク(SNS)で瞬く間に拡散してしまう時代にあっては、注意が肝要だ。

作り手がジョークと思っても、それは受け取り手が決める。もちろん意図的な差別表現はご法度だが、デザイン的なある種の「悪ふざけ」も、消費者にしたら大問題となる。うーむ、、、これが私たちの望んだ「消費者主権」と「平等主義」なのだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。