海運業界に供給過剰の荒波が迫る、好決算でも笑えない


ケープサイズ1隻当たりの鉄鉱石運搬量は、フル稼働して年100万トン。200隻の船体増を吸収するには年2億トンもの需要増が必要だ。だが、最大需要家である中国での鉄鉱石輸入量は昨年、むしろ減少に転じた。鉄鉱石価格の急騰によるもので、中国の輸入量が今後急増する保証はどこにもない。

その一方、中国の資源需要膨張を見込んでいた海運各社は、リーマンショック以前にケープサイズを大量発注。建造費高騰下で造られた高コスト船の竣工が、今年から荒波のように押し寄せる。

これに合わせた需要増がなければ、資金回収は当然厳しくなる。加えて市況運賃が今後も伸び悩めば、来期業績を直撃するのは必至だ。天災去って船体供給過剰に直面する海運業界。視界には暗雲が垂れ込み始めている。

(山田雄一郎 =週刊東洋経済2011年2月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT