「起業は若いほど成功する」という俗説にモノ申す 年配の創業者はメディアに取り上げられないだけ

印刷
A
A

医療やバイオテック企業の創業者はわりと年齢が高い(平均42歳)が、消費者向けテック企業でもやはり幅広く、この分野のマーケットをつかめるのはミレニアル世代だけという説に逆らっている。

マーク・ロアがeコマースのウェブサイト、ジェット・コム(Jet.com)を始めたのは42歳、そして45歳のときウォルマート(Walmart)が33億ドルで同社を買収した。デイヴィッド・ダフィールドは64歳で人材管理ソフトウェアのワークデイ(Workday)をつくった。だから若くても年配でも、特に有利なことはないのだ。

医療とバイオテック企業では創業者の平均年齢が高く、消費者向け分野と大企業向け分野はどの年代にも多い。(出所)『スーパーファウンダーズ 優れた起業家の条件』(出所:すばる舎、図版©Ali Tamaseb)

俗説に振り回されていませんか?

シリコンバレーで仕事をしていると、成功する企業についてのさまざまなステレオタイプな俗説が聞こえてくる。

スーパーファウンダーズ 優れた起業家の条件
『スーパーファウンダーズ 優れた起業家の条件』(すばる舎)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

いわく10億ドル達成企業の創業者はほとんどアイビーリーグの大学を中途退学している。有名なアクセラレーター・プログラムを受けなければならない。個人の問題を解決する事業でなければならない。それまでになかったアイデアで市場に一番乗りすれば競合しないですむ。

これらが当てはまる企業も何社かはあるだろうが、ほとんどは当てはまらない。

起業するとき、誰かの成功物語と同じことをしようとしたり、ある特定のやり方でチームをつくろうとしたり、ステレオタイプに合わせようとしてしまう人がいる。しかし、こうした俗説が、有望な創業者や投資家にダメージを与えるようなことがあってはならないと私は常々感じている。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT