「人文学」の世界、なぜ貧しくなってきたのか

「技術の暴走」により起きつつあること

山折:実際に、今、人文系の学問を修めた人間が大学を出てどういう就職口があるか。理系の世界でどういう仕事ができるのか。このあいだ新聞に出ていて驚きましたが、そりゃ広報の仕事があるよ、営業の仕事があるよということです。もしこれが実態だとすれば、もう絶望的な状況です。

中村:恐ろしいことを伺いました。今までそのようには考えてこなかったので、今、ショックを受けているというのが正直なところです。私たち研究者は、科学で人間のことがすべてわかり、そうなれば哲学や宗教がいらなくなるなどとはまったく思っていません。

おそらく、科学は、社会に出て行くときに歪んでしまうのではないでしょうか。わかりやすい例が「進化」です。進化は、evolution(エボリューション)です。evolve(エボルブ)は「絵巻を開く」というところから来て、一般語としては「展開する」です。進化とは展開していくことです。生命誌研究館には扇型に多様な種が生まれていく様子を表した「生命誌絵巻」の展示がありますが、これが進化です。

 今の社会の価値感は「進化」ではなく「進歩」

中村:ところが、今の社会の価値観は「進歩」です。これはひとつの価値観の中で上下を決める。だから「進歩」の場合、先進国と開発途上国があるわけですね。

でも生き物の世界では、ライオンとアリを比べてどっちがすばらしいかということはない。世界中にアリのいないところはありません。多様に広がっているという点では、アリほどすごいものはない。しかも女王アリを頂点とする社会をつくって暮らしているところは、ライオンより見事とも言える。だからアリとライオンを比べることには意味がないのです。

山折哲雄(やまおり てつお)●こころを育む総合フォーラム座長。1931年、サンフランシスコ生まれ。岩 手県花巻市で育つ。宗教学専攻。東北大学文学部印度哲学科卒業。駒沢大学助教授、東北大学助教授、国立歴史民俗博物館教授、国際日本文化研究センター教授、同所長などを歴任。『こころの作法』『いま、こころを育むとは』など著書多数。

今、進歩と進化を混同し、「現在の社会環境に適応できない者は消える」という意味で使われたりします。そして、先生がおっしゃった「サルのことがわかれば人間もわかる」と言ってしまう。人間を知る素材としてサルの研究は大事という位置づけです。私たちも伝え方が悪いのでしょう。

山折:伝えていくことも大事ですし、科学者自らが考えることが大事だと思います。iPS細胞の山中伸弥さんという方は、人間的にも研究者としても立派な方ですが、ただ山中さんは、「われわれは精子や卵子という生命の根源的な単位を作るところまできた。将来的には生命を誕生させることができるかもしれない。これは大変なことだから、どうぞ哲学とか宗教の世界の人々が考えてください」という意味のことを言っておられる。

とはいえ、それはやっぱり科学者自身もお考えいただかなきゃいけないのだというのが私の考えです。

次ページiPS細胞で胎盤はつくれない不思議
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。