「ルールを減らしたほうが生産性は上がる」

<動画>チームラボの組織マネジメント

(音量にご注意ください)
チームラボ代表取締役社長・猪子寿之。1977年、徳島市出身。2001年東京大学工学部計数工学科卒業と同時にチームラボ創業。大学では確率・統計モデルを、大学院では自然言語処理とアートを研究。組織の代表であり、クリエーター。各種メディアに登場する論客でもある。http://www.team-lab.com/

前編でお伝えしたように、世界のアートシーンから評価され、ニューヨーク、シンガポール、台湾などで、展示を成功させているチームラボ。最先端の作品を作り上げる個性的なクリエーターたちを、代表の猪子寿之氏はどのような組織マネジメントでまとめているのか。

通常、生産性・品質を高めるためには、業務を細分化し、従業員に役割を与える。ルールを作ることで従業員の目的が明確になる側面もあるし、そのルールは従業員の評価を計測するものさしにもつながる。業種にもよるが、多くの企業の場合、それを良しとしている。

だが、猪子氏の考えは違う。

「人間は本来生産的で創造性あふれる生き物なんだから、ルールをいかになくして、組織が成立するかを考えるべき」

「ノマドをしない」という合理的判断

チームラボのマーケティングディレクター・中村洋太氏はこんな具体例を話す。

「途中までできあがった作品を見て、『何か違う』『面白くない』って思うことがあるんですよ。やり直すと時間がかかる。土日がなくなる。でも、『(自分は)こっちのほうが面白いと思っちゃってる!』ってなると、みんなやるんですよ」

猪子氏は「人間は生産的」と言うが、特にチームラボのスタッフはその傾向が顕著なようだ。「面白い」と思うことを形にしないことには満足できない。

だが、「ルールは減らすべき」とする一方で、自由な働き方として新しく認知されつつある「ノマド」や「在宅ワーク」は取り入れていない。顔を突き合わせて仕事をすることが「合理的な判断」(猪子氏)の結果だと言う。一体どういうことなのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT