【産業天気図・海運業】「世界の工場」の恩恵享受、運賃市況は今や成層圏

タンカー市況が天井を突き抜けた。VLCC(大型タンカー)の運賃指数であるWSは8月の100台から今秋には350にハネ上がった。これまでの最高値は石油危機の時につけた325。
 原料運搬船(バラ積み貨物船)も負けてはいない。ケープサイズと呼ばれる大型の鉄鉱石運搬船の市況は、年初に9万ドルという空前の高値をつけた後、いったん年央には半値にまで急落したが、そこからまたV字回復し、現在は10万ドル。市況高騰の原因は、中国。世界中から資源を買いまくり、船腹需給を逼迫させている。
 原料輸送が超繁忙なら、製品輸送を受け持つコンテナ船も悪いわけがない。アジア−北米航路だけでなく、欧州航路やアジアと南半球を結ぶ南北航路も絶好調だ。
 堅調な荷動きを背景に、海運会社は2005年の運賃交渉でコンテナ1個当たり285ドルの値上げを打ち出す方針を早々と固めた。
 市況高騰に背中を押され、海運各社は船舶建造の大投資に踏み切った。が、コンテナ船でも、新船が大量に出てくるのは06年から。少なくとも、05年いっぱいは「我が世の春」の快晴が続きそうだ。
【梅沢正邦記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT