ノンアルコール成長で、ビール系飲料のシェア争いが形骸化

毎年恒例となったビール系飲料(ビール、発泡酒、第3のビール)の出荷量シェア争い。2010年はアサヒビールがシェア37・5%と、0・8ポイントの僅差で2年ぶりにキリンビールから首位を奪還した。

しかし、首位が確定した直後の17日、記者の前に現れたアサヒの泉谷直木社長の顔は冴えなかった。「一つの結果として素直にうれしいが、計画を達成できたわけではない。油断はいっさいできない」。

それもそのはずだ。10年のビール系飲料市場は、前年比2・8%減の4億5917万ケース(1ケースは大瓶20本換算)で、6年連続で過去最低を更新した。ビールや発泡酒が縮小する中、2ケタ成長が続いて頼みの綱だった第3のビールも、10年は前年比8・7%増と伸びが大幅に鈍化。今後さらに厳しくなるのは必至な情勢だ。

名より実取るキリン

一方、アサヒとのシェア争いに敗れたキリンは、一段と落胆が大きいはずだが、その表情は意外に暗くない。ビール系飲料には含まれていない「ノンアルコールビール」の急成長があるからだ。

アルコールを含まないビール風味の清涼飲料は、09年4月にキリンが「フリー」を発売して火をつけた。10年にアサヒとサントリー酒類も参入し、全出荷量は約1000万ケースと倍増。今年3月にはサッポロビールも参入予定で大手4社が出そろう。11年も前年比2~3割増ペースと高い伸びが期待されている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。