ノンアルコール成長で、ビール系飲料のシェア争いが形骸化

毎年恒例となったビール系飲料(ビール、発泡酒、第3のビール)の出荷量シェア争い。2010年はアサヒビールがシェア37・5%と、0・8ポイントの僅差で2年ぶりにキリンビールから首位を奪還した。

しかし、首位が確定した直後の17日、記者の前に現れたアサヒの泉谷直木社長の顔は冴えなかった。「一つの結果として素直にうれしいが、計画を達成できたわけではない。油断はいっさいできない」。

それもそのはずだ。10年のビール系飲料市場は、前年比2・8%減の4億5917万ケース(1ケースは大瓶20本換算)で、6年連続で過去最低を更新した。ビールや発泡酒が縮小する中、2ケタ成長が続いて頼みの綱だった第3のビールも、10年は前年比8・7%増と伸びが大幅に鈍化。今後さらに厳しくなるのは必至な情勢だ。

名より実取るキリン

一方、アサヒとのシェア争いに敗れたキリンは、一段と落胆が大きいはずだが、その表情は意外に暗くない。ビール系飲料には含まれていない「ノンアルコールビール」の急成長があるからだ。

アルコールを含まないビール風味の清涼飲料は、09年4月にキリンが「フリー」を発売して火をつけた。10年にアサヒとサントリー酒類も参入し、全出荷量は約1000万ケースと倍増。今年3月にはサッポロビールも参入予定で大手4社が出そろう。11年も前年比2~3割増ペースと高い伸びが期待されている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT