有料会員限定

街再生に必要な場の魅力 必ずしも不便=不人気とは限らない

印刷
A
A

借りたい・買いたい人が多い地域もある。持ち主の意識改革が必要だ。

長野市の善光寺門前では郷土の名産や民芸品に触れることができる(筆者撮影)

特集「実家のしまい方」の他の記事を読む

空き家対策特別措置法が施行された2015年以降、空き家は活用しやすくなっており、実際に活用も進んでいる。その背景には2つの側面がある。

1つは法的な面。17年の不動産特定共同事業法の改正で、クラウドファンディングで資金を集め、街の小規模な空き家を再生するのが可能になった。19年の建築基準法の改正では、用途変更に伴う確認申請の面積が倍に拡大、既存建築を改修しやすくなっている。

もう1つは意識的な面だ。地方創生や地域活性化のため、空き家を使おうという意識が共有され、地方には再生のチャンスが生まれた。コロナ禍を受けて、二拠点居住や田舎暮らしを始めるなど、使い方も多様化している。

とはいえ、どんな空き家、空き地でも、活用できるわけではなく、ハードルもいくつか残る。

まず単純に貸したくない、売りたくないという気持ちが、まだまだ根強いこと。家は家族が住み継ぐもので、貸す、売るという発想がないのだ。移住者に人気の徳島県神山町や広島県尾道市などでは、つねに空き家を借りたい人が貸したい人以上にいる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
実家のしまい方
地方だけでなく首都圏も危うい
新興戸建てベンチャーの鼻息
キャンプ人気で買い手が殺到
移住人気剝げ、地域経済復活探る
相続で不動産を手放す人も増加
イトーピアがブリリアに変貌する舞台裏
実家にこもる“子ども部屋おじさん"
ニュータウンは息を吹き返すが…
30年後の大規模修繕をどうするのか
空き家列島、“老いる"ニッポン
インタビュー/事故物件サイト管理人 大島てる
必ずしも不便=不人気とは限らない
6つのQ&Aで解説「実家を1円でも高く売る方法」
古い家はアスベスト除去に注意
遺品整理をプロに頼めば数万円から
維持費だけで年20万円が必要に
もはや「負動産」! 実家の片付け
編集部に寄せられた生の声
実家のしまい方
空き家にさせない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内