有料会員限定

地方別・都心距離別 空き家予備軍率ランキング 地方だけでなく首都圏も危うい

印刷
A
A

高齢者のみが住む戸建ては、いずれ空き家になる可能性がある「空き家予備軍」。どこが該当するか。

(cba / PIXTA)

特集「実家のしまい方」の他の記事を読む

空き家の多くは、親が持ち家から介護施設に入居したり、相続後の実家を子が当面放置したりすることから始まっている。先祖代々の土地や家を引き継ぐことが当然だった時代とは違う。戦後の持ち家政策と核家族化で実家を離れた子は、相続時にはすでに自分の家を購入済みで、実家に住むケースが少なくなった。

日本は団塊世代が75歳を迎える2025年問題によって、団塊世代だけでなく団塊ジュニア世代も実家の相続が同時発生するという、「大量相続時代」が始まる。

今後、団塊ジュニア世代は、残された親と自分の実家という、何戸もの空き家を抱える可能性もある。周辺に悪影響を及ぼす荒廃中の空き家に対しては、市区町村が空き家対策特別措置法に基づき対処してきた。高齢者のみが住む家は“空き家予備軍”と捉え、これ以上、空き家を増やさない取り組みに力を入れるべき時期だ。

最新の18年の総務省「住宅・土地統計調査」によれば、高齢者のみ世帯が住む戸建て住宅(=空き家予備軍)は約829万戸で、戸建て総数に占める空き家予備軍の割合(=空き家予備軍率)は28.8%にもなっている。前回13年調査では約720万戸(25.2%)と、5年間で109万戸(年平均21.8万戸)も増加した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
実家のしまい方
地方だけでなく首都圏も危うい
新興戸建てベンチャーの鼻息
キャンプ人気で買い手が殺到
移住人気剝げ、地域経済復活探る
相続で不動産を手放す人も増加
イトーピアがブリリアに変貌する舞台裏
実家にこもる“子ども部屋おじさん"
ニュータウンは息を吹き返すが…
30年後の大規模修繕をどうするのか
空き家列島、“老いる"ニッポン
インタビュー/事故物件サイト管理人 大島てる
必ずしも不便=不人気とは限らない
6つのQ&Aで解説「実家を1円でも高く売る方法」
古い家はアスベスト除去に注意
遺品整理をプロに頼めば数万円から
維持費だけで年20万円が必要に
もはや「負動産」! 実家の片付け
編集部に寄せられた生の声
実家のしまい方
空き家にさせない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内