有料会員限定

タワマンは限界集落になる 30年後の大規模修繕をどうするのか

印刷
A
A

いずれ水道管やエレベーターの交換は必須。建て替えなど非現実的だ。

(アフロ)

特集「実家のしまい方」の他の記事を読む

先日、福岡県福岡市にある30階建ての「タワーマンション」(タワマン)が解体される、という報道が業界を駆け巡った。タワマンの解体はおそらく日本では初めてだ。いったいどのくらいの費用がかかるのだろうか。

タワマンとは通常、高さ60メートル超で、20階建て以上の超高層マンションを指す。

よくある19階建て以下で横長の「板状マンション」が老朽化し、解体されたうえで建て替えられるケースは多くない。国土交通省によると2020年末で国内にある旧耐震基準(1981年以前)の老朽マンションは約103万戸。これら旧耐震の物件のうち、毎年何件か壊され、建て替えられる。それ以外の大多数のマンションはただ老朽化していくだけだ。

21年4月において全国で建て替えの工事が完了した分譲マンションは263棟だった。旧耐震のマンション棟数は10年前の資料で約3.8万棟。これを母数に換算しても1%未満にすぎない。

事例が少ないのは、おおむね経済的事情からだ。板状マンションは解体すれば、1戸当たり数百万円の費用がかかる。さらに新しいマンションの建築費が約2500万円。各戸の区分所有者が、合わせて3000万円程度の費用を出せば、古い板状マンションは理屈上、建て替え可能なのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
実家のしまい方
地方だけでなく首都圏も危うい
新興戸建てベンチャーの鼻息
キャンプ人気で買い手が殺到
移住人気剝げ、地域経済復活探る
相続で不動産を手放す人も増加
イトーピアがブリリアに変貌する舞台裏
実家にこもる“子ども部屋おじさん"
ニュータウンは息を吹き返すが…
30年後の大規模修繕をどうするのか
空き家列島、“老いる"ニッポン
インタビュー/事故物件サイト管理人 大島てる
必ずしも不便=不人気とは限らない
6つのQ&Aで解説「実家を1円でも高く売る方法」
古い家はアスベスト除去に注意
遺品整理をプロに頼めば数万円から
維持費だけで年20万円が必要に
もはや「負動産」! 実家の片付け
編集部に寄せられた生の声
実家のしまい方
空き家にさせない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内