有料会員限定

大規模団地が沈んだ歴史 ニュータウンは息を吹き返すが…

印刷
A
A

政策的な配慮も絡み、交通の不便な立地。高齢者も増え、空き家化が進む。

多摩ニュータウンは住宅以外の施設も呼び込むなど再生図る(時事通信)

特集「実家のしまい方」の他の記事を読む

「ニュータウン」と聞いて、「高齢者が多く住む場所」を連想する人も多いだろう。「街に活気がなく、まるでゴーストタウンのような場所」と。だが、それは誤った認識だ。例えば、東京都の多摩ニュータウン(多摩市など4市)は現在、活気ある人気住宅エリアの1つになっている。

そうした間違った認識が生まれたのは2000年、百貨店のそごうグループ破綻とともに、ニュータウン中心エリアの多摩そごうが閉店したことがきっかけだった。

大きな百貨店が閉店した理由として、「最初は子どもが大勢いたのに30年経ったら老人ばかりになった」こと、「平日の昼間は人が歩いておらず活気がない」ことなどが明らかになり、「ニュータウンではなく『ゴーストタウン』」などと報じられたのである。

これらの報道は多くの興味を引く。以後20年が経過しても、「ニュータウンはゴーストタウンなのだろう」と捉えられ、住んでいる人たちは苦笑するしかない。

しかし実際のところ、全国各地のニュータウンは人気の住宅エリアにある場合が多く、心配は少ない。売るのも貸すのも容易だし、自分たちが移り住むのも悪くない、と考えられるからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
実家のしまい方
地方だけでなく首都圏も危うい
新興戸建てベンチャーの鼻息
キャンプ人気で買い手が殺到
移住人気剝げ、地域経済復活探る
相続で不動産を手放す人も増加
イトーピアがブリリアに変貌する舞台裏
実家にこもる“子ども部屋おじさん"
ニュータウンは息を吹き返すが…
30年後の大規模修繕をどうするのか
空き家列島、“老いる"ニッポン
インタビュー/事故物件サイト管理人 大島てる
必ずしも不便=不人気とは限らない
6つのQ&Aで解説「実家を1円でも高く売る方法」
古い家はアスベスト除去に注意
遺品整理をプロに頼めば数万円から
維持費だけで年20万円が必要に
もはや「負動産」! 実家の片付け
編集部に寄せられた生の声
実家のしまい方
空き家にさせない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内