有料会員限定

熱海バブルが災害で暗転 移住人気剝げ、地域経済復活探る

印刷
A
A

土砂災害で浮かんだ課題は、傾斜地に立ち、耐震性で難ある住宅だった。

被災した現場では現在も復旧作業が続いている(筆者撮影)

特集「実家のしまい方」の他の記事を読む

一時の財政危機から回復し、人気観光地として活気を取り戻していた静岡県熱海市。コロナ禍で二拠点居住や移住先としても注目が高まっていた。

市内のリゾート物件を多数手がける不動産仲介会社の営業員によると「この1年で2000万円以上のリゾートマンションがハイペースで売れ続け、分譲時の価格より高値で取引されるほど“熱海バブル”に沸いていた」という。

そんな好況を迎えていた熱海を突如不幸が襲った。今年7月3日に伊豆山地区で大規模な土砂災害が発生。盛り土を含む土石流で、住宅が流されるなど131棟の家屋が被害に遭い、死者26人という甚大な被害をもたらした。今も行方不明者1人の捜索が続いている(9月22日現在)。

被害は直接的なものだけでなく熱海の観光業にも打撃を与えた。「災害が起きたのは伊豆山の一部だが、連日の報道で熱海全域が被災したと勘違いした人も多い。風評被害で災害直後は宿泊のキャンセルが相次いだ」(ホテル経営者)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
実家のしまい方
地方だけでなく首都圏も危うい
新興戸建てベンチャーの鼻息
キャンプ人気で買い手が殺到
移住人気剝げ、地域経済復活探る
相続で不動産を手放す人も増加
イトーピアがブリリアに変貌する舞台裏
実家にこもる“子ども部屋おじさん"
ニュータウンは息を吹き返すが…
30年後の大規模修繕をどうするのか
空き家列島、“老いる"ニッポン
インタビュー/事故物件サイト管理人 大島てる
必ずしも不便=不人気とは限らない
6つのQ&Aで解説「実家を1円でも高く売る方法」
古い家はアスベスト除去に注意
遺品整理をプロに頼めば数万円から
維持費だけで年20万円が必要に
もはや「負動産」! 実家の片付け
編集部に寄せられた生の声
実家のしまい方
空き家にさせない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内