有料会員限定

解体には100万円超も 古い家はアスベスト除去に注意

印刷
A
A

とかくわかりにくい解体コスト。造りや周辺の状況、重機の有無で違う。

重機でできればいいが、手作業が多いと、費用は大きく膨らむ(マリンプレスジャパン/アフロ)

特集「実家のしまい方」の他の記事を読む

親の実家を相続した人には、家の解体について、何かと気にしている人も多い。

古い家は取り壊して、更地にしたほうが、一般的にはその後売りやすくなる。ここでは、家を解体するときの費用や期間、その他の注意点を解説しておきたい。

解体費用にもある程度、“相場のようなもの”は存在する。なぜあえてそういった表現をするかというと、解体工事は新築工事よりも、価格が相場から外れてしまうケースが多いからだ。

新築工事は基本的に材料費の積み上げであるため、現場で金額が大きく違うようなことはなく、明確な相場が形成されやすい。

それに対して、解体工事は基本的に作業費の積み上げだから、現場の作業のしやすさによって、金額が大きく異なりやすい。現実に見積もりを取ってみると、金額が相場からかなり懸け離れてしまうことがよくある。

では解体工事の費用はどれくらいかかるのか。

道路や重機もコスト要因

実際の費用としては、木造なら坪4万〜5万円、軽量鉄骨造なら坪6万〜7万円、鉄筋コンクリート造なら坪7万〜8万円程度という目安がある。一般的な木造の戸建て住宅は、延べ床面積が30〜35坪程度であることから、総額は150万円前後が多い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
実家のしまい方
地方だけでなく首都圏も危うい
新興戸建てベンチャーの鼻息
キャンプ人気で買い手が殺到
移住人気剝げ、地域経済復活探る
相続で不動産を手放す人も増加
イトーピアがブリリアに変貌する舞台裏
実家にこもる“子ども部屋おじさん"
ニュータウンは息を吹き返すが…
30年後の大規模修繕をどうするのか
空き家列島、“老いる"ニッポン
インタビュー/事故物件サイト管理人 大島てる
必ずしも不便=不人気とは限らない
6つのQ&Aで解説「実家を1円でも高く売る方法」
古い家はアスベスト除去に注意
遺品整理をプロに頼めば数万円から
維持費だけで年20万円が必要に
もはや「負動産」! 実家の片付け
編集部に寄せられた生の声
実家のしまい方
空き家にさせない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内