有料会員限定

片付けられない親子の葛藤、誰もが実家に悩んでいる もはや「負動産」! 実家の片付け

印刷
A
A

親からの相続、兄弟姉妹の確執、近所とのトラブル。実家をめぐる争いは絶えない。

とかく実家の片付けといえば、時間も手間も金もかかって面倒が多いもの。親子で価値観が衝突することも多い。ここでは実際に体験した4人のケーススタディーを取り上げてみたい。

Case1|近所と折り合いが悪かった祖父、田舎の人間関係に自分も悩む

イラスト:高柳浩太郎

特集「実家のしまい方」の他の記事を読む

帰ると近所の苦情、開き直って持久戦

──田辺圭子さん(40代・女性)

広島県福山市に住む田辺圭子さん(仮名)は目下、夫の祖父の実家の片付けに取り組んでいる。すでに祖父の妻と実子は亡くなっているため、孫である夫と自分に、介護と看取り、そして相続のお鉢が回ってきたのだ。

祖父は同じ広島県内の山間部の農家で一人暮らしをしてきたが、90歳に迫る高齢で体の自由が利かず、田辺さん夫婦が暮らす福山市の介護施設で、しばしば世話を受けるようになった。「最後は救急搬送され、そのまま病院で亡くなったので、最初の片付けは祖父の家の冷蔵庫の中身から始まった」という。2017年のことだ。

昔からの農家なので敷地面積が100坪もある。おまけに蔵、倉庫まで併設され、収納スペースには事欠かない。「早くに妻と子どもを亡くしたためか、祖父は自活心が強く、服や日用品をたくさんため込んでいた」(田辺さん)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
実家のしまい方
地方だけでなく首都圏も危うい
新興戸建てベンチャーの鼻息
キャンプ人気で買い手が殺到
移住人気剝げ、地域経済復活探る
相続で不動産を手放す人も増加
イトーピアがブリリアに変貌する舞台裏
実家にこもる“子ども部屋おじさん"
ニュータウンは息を吹き返すが…
30年後の大規模修繕をどうするのか
空き家列島、“老いる"ニッポン
インタビュー/事故物件サイト管理人 大島てる
必ずしも不便=不人気とは限らない
6つのQ&Aで解説「実家を1円でも高く売る方法」
古い家はアスベスト除去に注意
遺品整理をプロに頼めば数万円から
維持費だけで年20万円が必要に
もはや「負動産」! 実家の片付け
編集部に寄せられた生の声
実家のしまい方
空き家にさせない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内