有料会員限定

「宅配クライシス」は遠い昔、需要爆発で変わる勢力図 Part1 超活況の明暗

印刷
A
A

コロナ禍でECの荷物が急増する中、大きな地殻変動が起きている。

(Graphs / PIXTA)

特集「物流頂上決戦」の他の記事を読む

宅配便の物量増加が止まらない。新型コロナウイルスの蔓延による消費の巣ごもり化を受け、ネット通販(EC)の売り上げが急拡大。2020年度の合計取扱個数は前年度比11.5%増の47.85億個となり、近年は高くても1桁半ばだった伸び率は大幅に跳ね上がった。

ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手宅配3社はその恩恵を受けており、とりわけヤマトの取扱個数は20年度に業界平均を上回る前期比16.5%増まで伸びた。シェアも盤石で、20年度は3社で95%弱を占める(下図、ともに国土交通省調べ)。

17年にはドライバーの労働環境改善を名目に、宅配会社が荷受け量の抑制と配送料の値上げを顧客に要請した「宅配クライシス」が発生。十分な利幅が取れる環境が整った中で、荷物の数が爆発的に増えている今の状況は、物流業界にとって「わが世の春」といえる。コロナ禍以降の宅配会社は、うれしい悲鳴を上げているというのが一般的な見方である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
物流頂上決戦
寡占化が進めばさまざまな負の影響も
巨大物流施設の開発相次ぐ
宅配を使わないワークマン
スピードだけじゃない新機軸
ユニクロ、ニトリ、アスクルが進める
Part3 物流「大投資時代」
1品から送料無料で注文可能
セブンとローソン・ファミマで二分
多様化する受け取り方法
2大商用車メーカーがタッグ
単価下がり時給はコンビニ以下
Part2 知られざる配送の現場
アマゾン特需に沸くが…
7月に合弁会社がスタート
インタビュー/ヤフー コマース カンパニー執行役員 畑中 基
インタビュー/ヤマト運輸 常務執行役員 阿部珠樹
背水のヤマト・ヤフー連合
Part1 超活況の明暗
物流頂上決戦
アマゾンのヤマト外しで異次元突入
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内