有料会員限定

物流代行でがっぷり四つ 背水のヤマト・ヤフー連合

印刷
A
A

EC出店者向け物流代行サービスで破格の配送料を提示。ともにアマゾンの厚い壁に挑む。

昨年3月、Zホールディングスとヤマトホールディングス両社の社長による提携会見が開かれた

特集「物流頂上決戦」の他の記事を読む

アマゾン、楽天グループの後塵を拝し国内EC(ネット通販)市場で長年3位のヤフーが、物流機能の強化に乗り出した。

昨年3月に親会社のZホールディングス(以下ZHD)は、ヤマトホールディングス(YHD)と業務提携で基本合意したと発表。同6月から「ヤフーショッピング」「PayPayモール」の出店者向けに、YHDが商品の倉庫保管を含めた物流業務を一括で請け負う「フルフィルメントサービス」と、配送業務をメインに請け負う「ピック&デリバリーサービス」を提供する取り組みを始めた。

出店店舗はこれらを利用することで出荷作業の負担が減り、物流にかかるコストを削減できる。フルフィルメントサービスを利用した場合、店舗が定休日でも商品の出荷が可能となるため、受注から出荷までの時間が短縮され、翌日配達の件数を増やせるという。

ヤマト運輸はヤフーとの提携に合わせ、「EAZY(イージー)」と呼ばれるEC専用の配送サービスも開発。玄関ドア前への「置き配」や宅配ボックスなど非対面の受け取りを消費者が選べる。配達の直前まで何度も受け取り方法を変更できたり、置き配時に配達完了通知と写真がメール配信されたりする機能もある。ヤマトは配送効率を上げるため、自社のドライバーは使わず外部の運送パートナーに委託する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
物流頂上決戦
寡占化が進めばさまざまな負の影響も
巨大物流施設の開発相次ぐ
宅配を使わないワークマン
スピードだけじゃない新機軸
ユニクロ、ニトリ、アスクルが進める
Part3 物流「大投資時代」
1品から送料無料で注文可能
セブンとローソン・ファミマで二分
多様化する受け取り方法
2大商用車メーカーがタッグ
単価下がり時給はコンビニ以下
Part2 知られざる配送の現場
アマゾン特需に沸くが…
7月に合弁会社がスタート
インタビュー/ヤフー コマース カンパニー執行役員 畑中 基
インタビュー/ヤマト運輸 常務執行役員 阿部珠樹
背水のヤマト・ヤフー連合
Part1 超活況の明暗
物流頂上決戦
アマゾンのヤマト外しで異次元突入
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内