有料会員限定

小売業の「物流自前化」 ユニクロ、ニトリ、アスクルが進める

印刷
A
A

小売りを制するには物流改革が必須だ。外部の事業者に依存しない姿勢がトレンドになってきた。

「倉庫業及び倉庫管理業」「運送取次事業」──。ファストファッション大手のファーストリテイリングは2020年11月、定款の一部を変更し、こうした事業目的を追加した。「将来的に物流プラットフォーマーを目指そうとしているのではないか」。物流業界関係者の間では、その真意についての臆測がやまない。

ファストリは14年から、「有明プロジェクト」と銘打ったサプライチェーン改革を進めている。「無駄なものをつくらない、運ばない、売らない」を目標に掲げるプロジェクトの中身は多岐にわたるが、中でも先行するのがEC(ネット通販)市場の急拡大による配送量の増加でオペレーションの効率化が急務となっている物流改革だ。

ユニクロの有明本部(撮影:梅谷秀司)

特集「物流頂上決戦」の他の記事を読む

EC出荷拠点とオフィスの機能を合わせた有明本部兼倉庫(東京都江東区)が16年に稼働。18年以降には大型物流システム(マテハン)大手のダイフクや無人ロボットのMUJINなどと提携し、倉庫内の作業をほぼ自動化した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
物流頂上決戦
寡占化が進めばさまざまな負の影響も
巨大物流施設の開発相次ぐ
宅配を使わないワークマン
スピードだけじゃない新機軸
ユニクロ、ニトリ、アスクルが進める
Part3 物流「大投資時代」
1品から送料無料で注文可能
セブンとローソン・ファミマで二分
多様化する受け取り方法
2大商用車メーカーがタッグ
単価下がり時給はコンビニ以下
Part2 知られざる配送の現場
アマゾン特需に沸くが…
7月に合弁会社がスタート
インタビュー/ヤフー コマース カンパニー執行役員 畑中 基
インタビュー/ヤマト運輸 常務執行役員 阿部珠樹
背水のヤマト・ヤフー連合
Part1 超活況の明暗
物流頂上決戦
アマゾンのヤマト外しで異次元突入
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内