有料会員限定

「アマゾン化」した世界に待っているもの 寡占化が進めばさまざまな負の影響も

印刷
A
A

あまたの競合を退け、圧倒的な支配力を獲得した。ただ、消費者や社員の幸せは保証されていない。

米国で行われた労組結成の投票で賛成を呼びかける従業員たち。アマゾン側の圧力があったとして、当局者は再投票を勧告している(ロイター/アフロ)

特集「物流頂上決戦」の他の記事を読む

「アマゾン独占禁止のパラドックス(Amazon's Antitrust Paradox)」。2017年に米イェール大学法科大学院の学術誌で発表されたこの論文は、日に日に支配力を高めるアマゾンに対する社会の見方を一変させた。

21世紀における商業界の巨人がなぜ、反トラスト法(独占禁止法)の網をくぐり抜けたのか。その点についてこの論文は、既存の法的枠組みが「価格の安さなど消費者の利益にとらわれすぎているからだ」と指摘した。自ら商品を仕入れて出店者も募るプラットフォーム型ビジネスは、利益より成長することが投資家から評価されるため、仮に不当な廉売があってもとがめを受けにくいからだ。

アマゾンはプラットフォーム上で自らルールをつくり運営しているため、ライバルを弱体化させることもできるという。実際に昨年4月には、アマゾンが出店事業者のデータを活用し、その事業者と競合するプライベートブランド(PB)商品を開発していたことが米国で報じられている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
物流頂上決戦
寡占化が進めばさまざまな負の影響も
巨大物流施設の開発相次ぐ
宅配を使わないワークマン
スピードだけじゃない新機軸
ユニクロ、ニトリ、アスクルが進める
Part3 物流「大投資時代」
1品から送料無料で注文可能
セブンとローソン・ファミマで二分
多様化する受け取り方法
2大商用車メーカーがタッグ
単価下がり時給はコンビニ以下
Part2 知られざる配送の現場
アマゾン特需に沸くが…
7月に合弁会社がスタート
インタビュー/ヤフー コマース カンパニー執行役員 畑中 基
インタビュー/ヤマト運輸 常務執行役員 阿部珠樹
背水のヤマト・ヤフー連合
Part1 超活況の明暗
物流頂上決戦
アマゾンのヤマト外しで異次元突入
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内