有料会員限定

勝負の地はネットスーパー、打倒アマゾン最終決戦 Part3 物流「大投資時代」

印刷
A
A

流通大手は物流分野に巨額の投資をし、生鮮EC市場に挑む。

イオン誉田CFCは7.2万平方メートルの広大な敷地に建設される

特集「物流頂上決戦」の他の記事を読む

都心から50キロメートルほど離れた千葉市郊外の更地では、大型クレーンがせわしなく動いていた。近くにある記念碑には、「明治大学農学部発祥の地」の文字。この地が今、ロボットで生鮮商品などを出荷する最新施設に生まれ変わろうとしている。

千葉市緑区の誉田(ほんだ)町で建設が進められているのは、流通大手・イオンのネットスーパー新拠点「イオン誉田CFC」だ。CFC(顧客フルフィルメントセンター)は、注文の受け付けから商品の梱包や配送、在庫管理などまでEC(ネット通販)取引における業務全般を担う施設を指す。

地上3階建てで建築面積は東京ドームの7割に相当する。開業予定は2023年。配送エリアは千葉県内と都内の一部、食料品や日用品など5万点の商品を扱う。

総合スーパー「イオン」を運営するイオンリテールもネットスーパーを展開するが、誉田CFCはそれと別個に事業を行う。従来のネットスーパーと大きく異なるのは最新技術を導入する点だ。在庫から注文商品を取り出すのは、人間ではなくAI(人工知能)で制御された1000台ものロボット。約6分で50商品をピッキングできるうえ、24時間稼働する。

誉田CFCの投資額をイオンは公表していない。だが、土地購入などで40億円近くをすでに投じたようだ。

誉田町のCFC建設予定地。今は更地だが2022年3月に完成予定だ

今後5年でイオンが猛追

「『オンラインデリバリー=イオン』というイメージをつくりたい」。今年4月に発表した新中期経営計画の説明会で、イオンの吉田昭夫社長はそう意気込んだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
物流頂上決戦
寡占化が進めばさまざまな負の影響も
巨大物流施設の開発相次ぐ
宅配を使わないワークマン
スピードだけじゃない新機軸
ユニクロ、ニトリ、アスクルが進める
Part3 物流「大投資時代」
1品から送料無料で注文可能
セブンとローソン・ファミマで二分
多様化する受け取り方法
2大商用車メーカーがタッグ
単価下がり時給はコンビニ以下
Part2 知られざる配送の現場
アマゾン特需に沸くが…
7月に合弁会社がスタート
インタビュー/ヤフー コマース カンパニー執行役員 畑中 基
インタビュー/ヤマト運輸 常務執行役員 阿部珠樹
背水のヤマト・ヤフー連合
Part1 超活況の明暗
物流頂上決戦
アマゾンのヤマト外しで異次元突入
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内