有料会員限定

委託業者の期待と不安 アマゾン特需に沸くが…

印刷
A
A

巨人アマゾンからの業務受託をめぐり中小配送業者は揺れている。

配送受託エリアを拡大してきた委託配送業者の足元には直接委託の波が来つつある

特集「物流頂上決戦」の他の記事を読む

「結局のところアマゾンはデリバリープロバイダ頼みだ。ヤマト運輸のように荷物を減らされることはまずない」

アマゾンから宅配などを受託している地域限定の配送業者、デリバリープロバイダの社長はそう語って胸を張った。

それもそのはず。コロナ禍による巣ごもり消費の拡大で「アマゾン特需」が発生、売り上げを大きく伸ばして過去最高益をたたき出すなど、わが世の春を謳歌しているからだ。

おのずと、デリバリープロバイダ各社の「アマゾン比率」は高まっている。例えば、アマゾンの大型物流拠点の倉庫内業務や拠点間輸送などを受託しているファイズホールディングス(HD)は21年3月期、アマゾン向けだけで前期比30.4%増の90.5億円を売り上げ、売上高の実に69.9%を占めるに至った。

また拠点から別の拠点に大型トラックで大量に荷物を運ぶ幹線輸送を受託する遠州トラックも34.4%、関東圏を中心に宅配などを受託している丸和運輸機関も23.4%がアマゾン向けだ(下表参照)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
物流頂上決戦
寡占化が進めばさまざまな負の影響も
巨大物流施設の開発相次ぐ
宅配を使わないワークマン
スピードだけじゃない新機軸
ユニクロ、ニトリ、アスクルが進める
Part3 物流「大投資時代」
1品から送料無料で注文可能
セブンとローソン・ファミマで二分
多様化する受け取り方法
2大商用車メーカーがタッグ
単価下がり時給はコンビニ以下
Part2 知られざる配送の現場
アマゾン特需に沸くが…
7月に合弁会社がスタート
インタビュー/ヤフー コマース カンパニー執行役員 畑中 基
インタビュー/ヤマト運輸 常務執行役員 阿部珠樹
背水のヤマト・ヤフー連合
Part1 超活況の明暗
物流頂上決戦
アマゾンのヤマト外しで異次元突入
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内