物流頂上決戦 アマゾンのヤマト外しで異次元突入

印刷
A
A

自社でドライバーを囲い込むアマゾンにヤマトが翻弄されている。アマゾンと対決する小売企業も自前化路線に転換、物流業界は群雄割拠の時代を迎えている。

アマゾン日本法人トップ退任の波紋

突然明らかになったアマゾンジャパンのトップ退任劇。物流や小売業界の命運を左右しかねない大きな事態に発展しそうだ。

今年7月、日本の物流業界の行方を左右しかねない重要な人事が行われていた。アマゾンジャパンで長年物流部門を率いてきたジェフ・ハヤシダ氏が、同月いっぱいで退任したのだ。

ハヤシダ氏は2005年にアマゾンジャパンの物流部門ディレクターとして入社。11年に社長に就任し、翌年から物流部門を直接統括してきた業界有数の実力者だ。関係者によると、物流部門のナンバー2としてハヤシダ氏を支えてきた鹿妻(かづま)明弘氏もすでに退任しているという。くしくも1994年の創業以来米アマゾンを率いてきたジェフ・ベゾス氏も同時期にCEOを退任しており、日本法人の幹部が相次ぎ退任する理由についてさまざまな臆測を呼んでいる。

アマゾンジャパンは、「後任を含め現時点でお答えできることはない」と述べるにとどまり、事の真相は明らかではないが、物流業界に与えるインパクトが甚大なことは確かだ。というのもハヤシダ氏の退任によって、アマゾンジャパンの物流をめぐる方針ががらりと変わる可能性が大きいからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
物流頂上決戦
寡占化が進めばさまざまな負の影響も
巨大物流施設の開発相次ぐ
宅配を使わないワークマン
スピードだけじゃない新機軸
ユニクロ、ニトリ、アスクルが進める
Part3 物流「大投資時代」
1品から送料無料で注文可能
セブンとローソン・ファミマで二分
多様化する受け取り方法
2大商用車メーカーがタッグ
単価下がり時給はコンビニ以下
Part2 知られざる配送の現場
アマゾン特需に沸くが…
7月に合弁会社がスタート
インタビュー/ヤフー コマース カンパニー執行役員 畑中 基
インタビュー/ヤマト運輸 常務執行役員 阿部珠樹
背水のヤマト・ヤフー連合
Part1 超活況の明暗
物流頂上決戦
アマゾンのヤマト外しで異次元突入
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内