有料会員限定

女性リーダー「3割」は必須 突破口はトップの決断が開く

印刷
A
A

意思決定の場で、プレッシャーなく意見を表明するには、少なくとも3割の人数が必要だ。

(mits / PIXTA)

特集「会社とジェンダー」の他の記事を読む

今年になってから「女性」と「数」に関するニュースが相次いでいる。

年明けには丸紅が2024年までに新卒採用に占める女性の比率を4〜5割にすると発表。2月、森喜朗・東京五輪パラリンピック大会組織委員会会長の辞任につながる“森発言”も、スポーツ庁が示した競技団体の女性理事を40%にする数値目標であり、女性が増えたことを揶揄したものだった。さらに4月に発足した東京大学の新執行部の過半数が女性になったことも反響を呼んだ。

政府が「2030」目標で掲げた、20年の指導的地位における女性比率30%は先送りされたが、組織における多様性の重要性は、さすがに多くの企業で認識されつつある。今後労働力人口が減ることもあり、女性にできるだけ長く働いてもらいたいと、仕事と家庭の両立支援制度の整備も進んだ。歩みは遅いが女性を積極的に管理職に登用し始めた企業も増えてきた。問題はスピードと規模だ。

集団の中で、存在を無視できないグループとなるには一定の数が必要であり、その分岐点を超えたグループは、クリティカルマスと呼ばれる。米ハーバード大学のロザベス・モス・カンター教授の研究では、特定のグループの比率が「15%以下」だと、その人たちは“お飾り、象徴”になり、目立つが孤立する苦しみを味わうとされている。「25%」でもまだ“マイノリティー”、「35%」を超えて初めて組織の中で公平な機会が得られるようになるという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
会社とジェンダー
「森発言」にハッとしたすべての男たちへ
女性登用アフリカ・南米でも導入
突破口はトップの決断が開く
「女性は事務職」と言われた1996年
人事覆面座談会
「~ちゃん」付けはセクハラ?
採用や育休で男女に差は不要
8割が仕事に影響すると感じている
サイボウズ社長 青野慶久
衆議院議員(自由民主党)高市早苗
インタビュー/社会学者 上野千鶴子
あのテレビCMはこれで炎上した
1人の投稿から社会的批判に至るまで
なぜ日本企業は成長できないか?
インタビュー/MPower Partners Fund ゼネラル・パートナー キャシー松井
インタビュー/ダイキン工業 会長 井上礼之
海外機関投資家の要請相次ぐ
取締役比率、部長増加率、勤続年数で点検
女性参政権から「森発言」まで
ジェンダーって何だ
会社とジェンダー
これが世界のビジネス常識
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内