有料会員限定

男性学が明かす、男のつらさ 「森発言」にハッとしたすべての男たちへ

印刷
A
A

女性の抱えるジェンダー問題と「仕事中心」の男性の生き方は表裏一体だ。

「男は仕事、女は家庭」という、性別役割分業が根強く残る今の日本社会は、女だけでなく男にとっても生きにくい。男ならではのジェンダー問題に着目した、「男性学」の視点から、男のつらさを読み解いていこう。

2月に森喜朗・元東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長が女性蔑視発言をして以来、ジェンダー平等に対する社会の意識が一段と高まっている。今の流れはSNS上での「#MeToo運動」に端を発する。これまでは問題視されなかったような性差別的言動に対して、女性の側から異議申し立てがなされ、社会全体で共有された意義は大きい。

かといって、多くの男性が心の底から、ジェンダー問題に納得しているとは思わない。危機管理上、しっかり対策すべきだ、という意識は持つようになったかもしれないが、内心「何が悪いんだろう」と思っている人は多いはずだ。

だから日本のジェンダーギャップ指数はなかなか改善されない。働く女性は増えているのに、出産を機に女性が仕事を辞めたり、正社員でも男女で賃金格差があったりする状況は続く。そして、仕事中心の生活でキャリアを積むことができた男性は、森発言のように女性を軽く見るようになる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
会社とジェンダー
「森発言」にハッとしたすべての男たちへ
女性登用アフリカ・南米でも導入
突破口はトップの決断が開く
「女性は事務職」と言われた1996年
人事覆面座談会
「~ちゃん」付けはセクハラ?
採用や育休で男女に差は不要
8割が仕事に影響すると感じている
サイボウズ社長 青野慶久
衆議院議員(自由民主党)高市早苗
インタビュー/社会学者 上野千鶴子
あのテレビCMはこれで炎上した
1人の投稿から社会的批判に至るまで
なぜ日本企業は成長できないか?
インタビュー/MPower Partners Fund ゼネラル・パートナー キャシー松井
インタビュー/ダイキン工業 会長 井上礼之
海外機関投資家の要請相次ぐ
取締役比率、部長増加率、勤続年数で点検
女性参政権から「森発言」まで
ジェンダーって何だ
会社とジェンダー
これが世界のビジネス常識
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内