有料会員限定

「女性活躍」の理想と現実 人事覆面座談会

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

女性活躍推進の最前線で奮闘する人事担当者に、7つのポイントを直球質問。

職場におけるジェンダー格差を解消し、女性が活躍できる環境を整えようと、企業はさまざまな工夫を凝らしている。

だが、導入した制度などがうまく現場で機能するとは限らず、予想だにしなかった問題も噴出する。4社の人事担当者に、理想と現実を聞いた。(Web上で行った座談会を基に構成)

特集「会社とジェンダー」の他の記事を読む

LGBTQも大切になった

①「女性活躍」進捗度

A:僕の会社ではダイバーシティ推進策の一環として女性登用に急激に力を入れている。女性管理職はすでに3割を超えるが、経営陣は「早く5割にしろ」と言っている。曰(いわ)く消費者の半分は女性なのに管理職にジェンダー格差があるのはおかしいではないかと。まっとうな主張ですね。

ただやっぱり、部長以上、役員クラスだと、3割には達していない。さらに出産などのライフイベントや育児によって、女性の昇進が遅れることはどうしても避けられない。だからまだまだ頑張らなきゃいけない段階かなあ。

B:残念ながら、最近は、女性活躍推進が前より停滞している気がする。以前は女性の活躍に焦点を当てた施策として、数値目標を定めて女性の登用を進めたこともあり、会社全体で女性を活用していこうというムードがあった。それによって、女性自身の心持ちが上がり、(働くことに対する)覚悟も強まっているのを感じていた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
会社とジェンダー
「森発言」にハッとしたすべての男たちへ
女性登用アフリカ・南米でも導入
突破口はトップの決断が開く
「女性は事務職」と言われた1996年
人事覆面座談会
「~ちゃん」付けはセクハラ?
採用や育休で男女に差は不要
8割が仕事に影響すると感じている
サイボウズ社長 青野慶久
衆議院議員(自由民主党)高市早苗
インタビュー/社会学者 上野千鶴子
あのテレビCMはこれで炎上した
1人の投稿から社会的批判に至るまで
なぜ日本企業は成長できないか?
インタビュー/MPower Partners Fund ゼネラル・パートナー キャシー松井
インタビュー/ダイキン工業 会長 井上礼之
海外機関投資家の要請相次ぐ
取締役比率、部長増加率、勤続年数で点検
女性参政権から「森発言」まで
ジェンダーって何だ
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内