有料会員限定

中堅航空たちのサバイバル 市場戦略の再考は不可避

印刷
A
A

コロナ前にどれだけ自分たちの実力で稼げていたか、明暗はそこで分かれる。焦点はANAに依存してきた3社だ。

週刊東洋経済 2020年10/3号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「激震! エアライン・鉄道」の他の記事を読む

厳しい経営状況はANA・JALの大手2社だけでなく、中堅航空も同じだ。

ソラシドエアは新型コロナウイルスの影響で、お盆期間(8月7〜16日)の搭乗者数が前年同期比75.2%減の1万5165人と大幅に後退。スターフライヤー、AIRDO、スカイマークなど各社も例外なくダメージを受けている。

このうちスカイマーク以外の3社は有価証券報告書を提出しており、いずれも「継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況」の存在を認めている。スカイマークも2019年10月に申請していた上場の取りやめに追い込まれた。

中堅エアライン各社は遠くない過去、相次ぎ経営難に陥った苦い記憶がある。1997年に新規参入規制が完全撤廃されると、翌98年にスカイマークエアラインズ(現スカイマーク)、北海道国際航空(現AIRDO)が就航した。

02年にはスカイネットアジア航空(現ソラシドエア)が参入する。しかし、早くも同年3月期に北海道国際航空が大手の値下げの影響などで75億円の累積損失を計上、3億円の債務超過に陥り、民事再生法適用を申請する。04年にはコスト管理体制や市場戦略の不足からスカイネットアジア航空も産業再生機構による経営支援を受けるに至った。06年にはスターフライヤーも就航するが、やはり経営は軌道に乗らなかった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激震! エアライン・鉄道
日本の公共交通予算は貧弱だ
多発する自然災害にどう対処するか
在宅勤務の普及で環境激変
インタビュー/西武鉄道 社長 喜多村樹美男
人口減にコロナが追い打ち
インタビュー/JR四国 社長 西牧世博
全線フル規格開業は可能なのか
インタビュー/JR北海道 社長 島田 修
インタビュー/JR貨物 社長 真貝康一
JR北海道救済のウルトラC
電車の未来像を独自取材
県から静岡市への権限移譲で動き出す
Part2|大揺れの鉄道
インタビュー/えちごトキめき鉄道 社長 鳥塚亮
欧州で起きていること
外国エアラインの断末魔
日系エアラインも明日はわが身か
市場戦略の再考は不可避
インタビュー/スカイマーク 会長 佐山展生
インタビュー/AIRDO 社長 草野 晋
「消極戦略」貫いたJALと明暗
JAL・ANA統合説の真贋
2009年にもあった国際線統合論
インタビュー/衆議院議員 辻元清美
インタビュー/経営共創基盤CEO 冨山和彦
Part1|崖っぷちエアライン
激震!エアライン・鉄道
見えてきたどん底からの復活シナリオ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内