有料会員限定

私鉄・三セクの瀬戸際 在宅勤務の普及で環境激変

印刷
A
A

混雑緩和から集客へ課題が逆転。地方の鉄道は乗客減少が深刻だ。

電車内に抗ウイルスコーティングの薬剤を散布する作業員

特集「激震! エアライン・鉄道」の他の記事を読む

「混雑対策」「輸送力増強」が永遠の課題と思われていた都市部の鉄道。新型コロナウイルスの感染拡大で、その状況は一変した。これまで屋台骨であった通勤・通学需要が揺らぎ、車内が「密」であるとして電車を避ける動きもある。「これまではいかに混雑緩和を進めるかに頭を悩ませてきたが、今や集客策が課題になってしまった」。首都圏の大手私鉄関係者は語る。「将来の人口減」に備えつつあった私鉄各社は、コロナ禍による「現在の需要減」への対応を迫られている。

JRとともに大都市圏の通勤・通学輸送を支える大手私鉄。全国16社の輸送人員は、1990年代にバブル崩壊後の景気低迷に伴っていったんは減少した。が、2004年度に底を打ってからは、08年のリーマンショックや11年の東日本大震災の影響などで上下はあったものの、増加傾向が続いてきた。12年度以降は雇用情勢の回復や訪日客の増加を受けて右肩上がりが続き、18年度には105億1300万人に。バブル期をも上回る過去最多を記録し、「わが世の春」を謳歌していた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激震! エアライン・鉄道
日本の公共交通予算は貧弱だ
多発する自然災害にどう対処するか
在宅勤務の普及で環境激変
インタビュー/西武鉄道 社長 喜多村樹美男
人口減にコロナが追い打ち
インタビュー/JR四国 社長 西牧世博
全線フル規格開業は可能なのか
インタビュー/JR北海道 社長 島田 修
インタビュー/JR貨物 社長 真貝康一
JR北海道救済のウルトラC
電車の未来像を独自取材
県から静岡市への権限移譲で動き出す
Part2|大揺れの鉄道
インタビュー/えちごトキめき鉄道 社長 鳥塚亮
欧州で起きていること
外国エアラインの断末魔
日系エアラインも明日はわが身か
市場戦略の再考は不可避
インタビュー/スカイマーク 会長 佐山展生
インタビュー/AIRDO 社長 草野 晋
「消極戦略」貫いたJALと明暗
JAL・ANA統合説の真贋
2009年にもあった国際線統合論
インタビュー/衆議院議員 辻元清美
インタビュー/経営共創基盤CEO 冨山和彦
Part1|崖っぷちエアライン
激震!エアライン・鉄道
見えてきたどん底からの復活シナリオ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内