有料会員限定

貨物が握る「北の鉄路」の命運 JR北海道救済のウルトラC

印刷
A
A

何かと利害が対立するJR貨物とJR北海道だが、貨物新幹線で融和できるか。

札幌駅に登場したJR貨物の巨大看板

特集「激震! エアライン・鉄道」の他の記事を読む

8月28日、東急がJR北海道に運行を委託する形で実現した豪華観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」の出発式で、北海道の鈴木直道知事は力を込めた。

「コロナ禍において厳しい状況にある北海道の観光、鉄道の旅にとって大きな一歩となることを心から期待している」──。

訪日客需要の蒸発で北海道の観光は壊滅的打撃を受けるが、それでも突き進まなければならない。JR北海道の島田修社長が話す。

「北海道は人口減少が避けられず、交流人口を増やしていくところに活路を見いださなければ、この先の展望が開けない。その中の大きな柱が何といっても観光だ」

出発式の3日後、今度はJR北海道がキハ261系「はまなす編成」を公開した。経営難のJR北海道が28年ぶりに新造した観光列車。それでも島田社長は控えめだ。

「評価をいただけるのはありがたいが、これは身の丈に合った“観光列車”だ。年間300日運行するうちの半分は定期列車に使う。新造といっても現在函館方面・釧路方面を走っている特急車両と何も変わらない」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激震! エアライン・鉄道
日本の公共交通予算は貧弱だ
多発する自然災害にどう対処するか
在宅勤務の普及で環境激変
インタビュー/西武鉄道 社長 喜多村樹美男
人口減にコロナが追い打ち
インタビュー/JR四国 社長 西牧世博
全線フル規格開業は可能なのか
インタビュー/JR北海道 社長 島田 修
インタビュー/JR貨物 社長 真貝康一
JR北海道救済のウルトラC
電車の未来像を独自取材
県から静岡市への権限移譲で動き出す
Part2|大揺れの鉄道
インタビュー/えちごトキめき鉄道 社長 鳥塚亮
欧州で起きていること
外国エアラインの断末魔
日系エアラインも明日はわが身か
市場戦略の再考は不可避
インタビュー/スカイマーク 会長 佐山展生
インタビュー/AIRDO 社長 草野 晋
「消極戦略」貫いたJALと明暗
JAL・ANA統合説の真贋
2009年にもあった国際線統合論
インタビュー/衆議院議員 辻元清美
インタビュー/経営共創基盤CEO 冨山和彦
Part1|崖っぷちエアライン
激震!エアライン・鉄道
見えてきたどん底からの復活シナリオ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内