有料会員限定

長崎新幹線の突破口 全線フル規格開業は可能なのか

印刷
A
A

新鳥栖─武雄温泉間の整備方針をめぐる国と佐賀県の溝は埋まる気配がない。

建設中の武雄温泉駅新幹線ホーム(6月、佐賀県武雄市)(共同通信社)

特集「激震! エアライン・鉄道」の他の記事を読む

2022年度の開業に向け、工事が佳境に入っている九州新幹線西九州ルート、通称「長崎新幹線」。武雄温泉─長崎間約66キロメートルの建設が着々と進展する一方、迷走しているのが新鳥栖─武雄温泉間約51キロメートルの整備だ。同区間は在来線を活用し、線路幅の違う新幹線に乗り入れ可能な「フリーゲージトレイン」(FGT)を投入して直通運転する計画だったが、開発は頓挫。国は同区間について「フル規格」での整備を目指し、長崎県も要望するが、コストに対して時間短縮などのメリットが乏しい佐賀県は反対の姿勢を崩さない。着地点は見いだせるのか。

九州新幹線西九州ルートは、博多─長崎間約143キロメートルを結ぶ路線。同線は武雄温泉─長崎間のみフル規格の新線を建設し、博多─新鳥栖間約26キロメートルはすでに運行している九州新幹線(鹿児島ルート)、新鳥栖─武雄温泉間は在来線に乗り入れ、新幹線と在来線の双方を走れるFGTを導入して直通運転する計画だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激震! エアライン・鉄道
日本の公共交通予算は貧弱だ
多発する自然災害にどう対処するか
在宅勤務の普及で環境激変
インタビュー/西武鉄道 社長 喜多村樹美男
人口減にコロナが追い打ち
インタビュー/JR四国 社長 西牧世博
全線フル規格開業は可能なのか
インタビュー/JR北海道 社長 島田 修
インタビュー/JR貨物 社長 真貝康一
JR北海道救済のウルトラC
電車の未来像を独自取材
県から静岡市への権限移譲で動き出す
Part2|大揺れの鉄道
インタビュー/えちごトキめき鉄道 社長 鳥塚亮
欧州で起きていること
外国エアラインの断末魔
日系エアラインも明日はわが身か
市場戦略の再考は不可避
インタビュー/スカイマーク 会長 佐山展生
インタビュー/AIRDO 社長 草野 晋
「消極戦略」貫いたJALと明暗
JAL・ANA統合説の真贋
2009年にもあった国際線統合論
インタビュー/衆議院議員 辻元清美
インタビュー/経営共創基盤CEO 冨山和彦
Part1|崖っぷちエアライン
激震!エアライン・鉄道
見えてきたどん底からの復活シナリオ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内