【産業天気図・銀行業】景気のトレンドと一致。UFJの赤字転落が変数

景気感応度の高い銀行業界の収益は、日本経済の動向にほぼ一致。足元では景気回復を受けた拡大基調に乗りつつある。金利上昇による国債など保有有価証券の含み損悪化が懸念材料か。総じて「くもり」の空模様だろう。
 全般に、不良債権処理がヤマ場を越えたことや、地銀など地域金融機関を中心に取引先企業の経営改善策にまで踏み込んだ企業再生努力などが実り、貸倒引当金等の与信関連コストが前年を下回る銀行が多くなると想定される。この結果、損益は好転しよう。
 ただ、個別銀行では、上期赤字転落のUFJホールディングスなど、景気回復に乗り遅れる勢力も残りそう。UFJの資産査定が非常に厳しい結果となり、三井住友フィナンシャルグループやみずほにまで負の連鎖が波及する恐れもある。ペイオフ解禁を前に金融危機の火種を払拭しておきたい金融庁は、ある程度財務力の劣る地銀などへの検査態勢を強化中。不良債権比率が高く自己資本比率の低い地銀は要注意だ。
【山川清弘記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。