「在宅勤務で生まれた課題を解決する」 富士ゼロックス 玉井光一社長

✎ 1〜 ✎ 64 ✎ 65 ✎ 66 ✎ 最新
拡大
縮小
富士ゼロックスの玉井光一社長は「在宅勤務が主流となり、ITツールの需要が大きく増えている」と語る(撮影:今井康一)

特集「アフターコロナの岐路」の他の記事を読む

複合機業界が試練を迎えている。大手のコニカミノルタやリコーは2020年4~6月期に200億円規模の営業赤字に沈んだほか、事務機器を主力事業とするキヤノンも四半期で初の最終赤字となった。
オフィスのペーパーレス化が進行し、複合機の市場規模が縮小傾向にある中、新型コロナウイルスが直撃。在宅勤務が一般的になり、オフィスでの印刷需要が激減した。
業界をリードしてきた「ゼロックス」連合の一角、富士ゼロックスは2019年に富士フイルムホールディングスの完全子会社となり、2021年春には社名を「富士フイルムビジネスイノベーション」に変更する。今後の複合機の需要をどうみるか。富士ゼロックスの玉井光一社長に聞いた。

需要の回復は早い

──6月以降、オフィスに出社する人も増えてきました。プリントボリューム(プリント量)の戻り具合はいかがでしょうか。

戻ってきているが、昨年並みに戻るにはあと1つという感じだ。7割くらい戻ってきた。

実際の数字は言えないが、(落ち込み幅が)半分を下回るようなことはなかった。他社と比べて落ち込み幅が小さい理由は2021年3月末まで、富士ゼロックスの販売地域は日本とアジア、オセアニア地域だけで、(新型コロナの影響が相対的に大きく出た)欧米が含まれていないからだ。

──アメリカのゼロックスなど、欧米で展開している他社への製品供給で影響が出たのではないですか。

その影響はあるが、在宅が主流になってITツール等の需要が大きく増えている。日本国内は4~6月の機器販売台数が2019年よりも増えた。5月は厳しかったが、6月にかなり回復している。

中国を中心にアジアの戻りも早い。いち早くコロナの影響が出た中国は、日本と比べて1カ月~1カ月半ほど回復が早い。

一方、ロックダウンがあったマレーシアやオーストラリアなどでは(回復の)遅れもある。例えば、メルボルンなどではコロナが一時的に再拡大した際に周辺地域で影響が出た。

──ITツールが伸びているということは、売り上げの比重はITソリューションにシフトしているのでしょうか。

シフトしているというより、ITソリューションでも伸ばしていくイメージだ。2021年4月から「富士フイルムビジネスイノベーション」という新社名になる。現在は欧米地域で販売していないが、4月からはまず欧米地域へのOEM供給を中心に事務機器の販売を開始する。

(販売拡大の)具体的な計画はまだ決まっていないが、すでにコロナ環境下でも海外の競合の複合機メーカーとOEM供給の話をして、契約も一部決まっている。ソフトウェアなどITサービスも伸ばしていき、ハードウェアも伸ばしていける。

──複合機メーカー各社がITサービスを手掛けていますが、富士ゼロックスとして具体的にどのようなサービスを提供していますか。

例えば、在宅勤務で出てくる問題を解決できる。自宅にいて会社に届いたFAXを見られる「ペーパーレスファクス」というサービスがある。営業職向けには、社外で出張の精算や事務手続きのできる支援をし、オフィスワークを支援するツール「ドキュワークス」もある。

ドキュワークスはホワイトカラーの生産性で問題となる資料作成の時間を半分程度に縮めることができる。作業を簡単にできるので、在宅勤務時の利便性も高められる。累計で700万本売れたが、(新型コロナ影響が出た)この数カ月だけで数十万本と売り上げが急増した。

電子署名サービス「ドキュサイン」も、会社間の契約をオンラインで行うことから増えており、問い合わせは数倍になっている。

──新型コロナによって顧客のITツール導入への意識も大きく変わりました。

次ページ紙文化はなくならない
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アフターコロナの岐路
アフターコロナの岐路
スペシャル・インタビュー
「これを乗り越えれば観光業の“勲章"になる」
星野リゾート 星野佳路代表
「われわれにとって、すべてがいい方向に動いている」
ワークマン 土屋哲雄専務
「自動車用鋼板のチャレンジに終わりはない」
東京製鉄 西本利一社長
「国内線を増やすなら今しかない」
ピーチ・アビエーション 森健明CEO
「ゼネコンの枠にとらわれず、ポートフォリオを変える」
大林組 蓮輪賢治社長
「大箱の超高層都市は終わり、自然との一体型へ変わる」
建築家 隈研吾
「GAFAはパートナー、中小企業のデジタル化を支援していく」
リコー 山下良則社長
「働き方を変えないと、生き残れない」
日立製作所 中畑英信 CHRO
「半導体のモノ売りからコト売りを広げていく」
ソニーセミコンダクタソリューションズ 染宮秀樹 執行役員
「『疑似資本』ローンで企業の再建を促したい」
横浜銀行 大矢恭好頭取
「地銀から『地域価値創造会社』に生まれ変わる」
山口フィナンシャルグループ 吉村猛会長兼CEO
「家を快適にすることにお金を使う人が増える」
LIXILグループ 瀬戸欣哉CEO
「小売業は“黄金の方程式"が通用しなくなる」
日本オムニチャネル協会 鈴木康弘会長
「回転ずしは続く。“空いた場所"を取りに行く」
スシローグローバルホールディングス 水留浩一社長
「国全体の『フレックス化』を考えよう」
工業デザイナー 水戸岡鋭治
「百貨店ならではのデジタル化の道筋がある」
エイチ・ツー・オー リテイリング 荒木直也社長
「ベンチャーは少しの判断の遅れで“死ぬ"時代に」
LayerX 福島良典CEO
「出版界が廃れる前に、合従連衡の心構えを」
紀伊國屋書店 高井昌史会長兼社長
「外食の値上げは許せないという意識を変えてほしい」
クージュー 松田公太 CEO
「コロナ後も対面営業の強みは変わらない」
明治安田生命 根岸秋男社長
「実店舗とオンラインの融合がテーマになる」
羽田未来総合研究所 大西洋社長
「インフラからプラットフォームに領域を広げる」
三菱UFJフィナンシャル・グループ 亀澤宏規社長
「多品種、多国籍が強みになる」
ミネベアミツミ 貝沼由久社長
「音楽は変わらない。楽しみ方は変わる」
ヤマハ 中田卓也社長
「ネット社会と付き合うリテラシーが求められる」
イー・ガーディアン 高谷康久社長
「世界をリードする技術革新力が必要だ」
東京エレクトロン 河合利樹社長
「生き残る配信事業者は3つ。そこに入りたい」
U-NEXT 堤天心社長
「コロナで『第5次産業革命』が起きる」
パソナグループ 南部靖之代表
「車の需要は多様化する。新たな収益源に挑戦していく」
ヤナセ 吉田多孝社長
「移動サービスで街を活性化させる」
Mellow 森口拓也代表
「ゲームはディズニーやネットフリックスより稼げる」
ネクソン オーウェン・マホニー社長
「ゲーム内コミュニテイはさらに広がる」
スクウェア・エニックス・ホールディングス 松田洋祐社長
「オールジャパンでワクチン開発を」
大阪大学 森下竜一教授
「科学に基づいた知見や製品を広めていく」
島津製作所 上田輝久社長
「今こそ宗教の多様性が求められている」
東大寺 狹川普文別当
「社内の“空気"が日本企業のM&Aを止めている」
GCA 渡辺章博社長
「商品数は半減、“演出"はどんどん増やす」
ゴールドウイン 渡辺貴生社長
「100円ショップでも100円にはこだわらない」
ワッツ 平岡史生社長
「在宅勤務で家計の負担は増え続ける」
CDエナジーダイレクト 山東要社長
「買収は積極的に仕掛ける」
カインズ 土屋裕雅会長
「量から質へ、自動車ビジネスは商売のやり方を変える」
旭化成 小堀秀毅社長
「中間管理職より“中間経営職"を目指せ」
経営共創基盤 冨山和彦CEO
「地球温暖化への危機感がいっそう増している」
気候変動イニシアティブ 末吉竹二郎代表
「観戦が主軸のビジネスモデルを変えていく」
新日本プロレス ハロルド・ジョージ・メイ社長
「“小粒"のサプライヤーのままでいたくない」
ジーテクト 高尾直宏社長
「リモートファクトリーの推進役に」
川崎重工業 橋本康彦社長
「ローカル重視のサプライチェーンが広がる」
NTT 澤田純社長
「危機時にこそ、投資を続ける」
リクルートホールディングス 峰岸真澄社長
「カメラに従来と違う魅力が生まれている」
キヤノン 戸倉剛常務執行役員
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内