有料会員限定

16商品をチェック!忙しい人のための保険のカルテ Part3 総点検|ジャンル別に診断

印刷
A
A
イラスト:髙栁浩太郎

特集「生命保険の罠」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年7/25号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

保険選びは難しくない

「わかる」「みえる」「助かる」の3評価で攻略

「保険相談室」代表 後田 亨

「生命保険会社が常用する商品案内のパターンに乗らないほうがよい」。保険との向き合い方について筆者が出した結論だ。

商品案内は不安喚起から始まる。例えば「医療保険で医療費は補填できても、休業中の収入減には対応できない」と語られた後、「就業不能状態」に備える保険が紹介される。

不安材料を確認し安心のために保険を検討するのは自然な流れに感じられる。だが、保険は「お金を失いやすい仕組み」だ。「各種給付金=保険料−保険会社の経費・利益」であり、加入者全体で見た収支はマイナスになる。

家計のためには「入院時」「休職時」など不安の有無に応じて保険を利用するのではなく、最小限の利用にとどめるのがよいはずだ。

次のようなプレゼンテーションを想像してみた。

「生涯において約50%の確率で100万円を受け取ることができます。受取時期は老後が多く、この受給権を得るための料金総額は100万円前後に達します。手数料などは企業秘密です。ご利用ください」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
生命保険の罠
Part3 総点検|ジャンル別に診断
家計経済のプロが教えます
通信費よりも多い保険料
お得でない商品が売れたワケ
35年前の内部告発本は語る
外貨建て保険は欠点だらけ
高齢者を狙い撃ちする外貨建て生命保険
外貨建て保険の営業現場で体験したこと
「外貨建て保険」にご用心
Part2 生命保険で運用は大間違い
誌上座談会|従来どおりのやり方は通用しない
知っていれば、むやみに恐れる必要はない
病気への備えは保険より貯蓄
先進医療特約の罠
統計からわかる日本におけるコロナの真実
大手生保&保険ショップ&郵便局
自然災害では生保よりも損保が助けに
Part1「コロナだから生命保険」に騙されないで
保険の本質は「損な賭け」
緊急寄稿|「3つの密」の回避が不可欠
生命保険の罠
総チェック その保険契約、本当に必要ですか?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内