有料会員限定

第2波に備える生活防衛術 Part1「コロナだから生命保険」に騙されないで

印刷
A
A

コロナへの不安や悩みは生命保険で解消できない。

度重なる風水害や地震など、不安の種はコロナだけではない(撮影:尾形文繁)

特集「生命保険の罠」の他の記事を読む

緊急事態宣言真っただ中の4月、地方滞在中の長男が発熱して喉に変調を来し、診療を受けた。新型コロナウイルス感染症が疑われ、3泊4日の隔離入院となったが、検査結果は陰性。他のウイルスによる咽頭炎と診断され、6万円程度の医療費を支払った。

病気にかかっても、入院するケースばかりではない。だが入院に備える医療保険の世帯加入率は約9割。入院といった「いざというとき」に備えたほうがよいと多くの人が感じている。長男は未加入だったが、仮に加入していれば、入院期間に応じた給付金を受け取っていたことになる。

仮に入院給付金が日額1万円だった場合、受け取っていた給付金は3万円となる(商品により額は異なる)。ただし、給付金を受け取るには保険料の支払いが必要。息子が医療保険に入っていた場合、その保険料支払いが負担となり、給付金を受け取ってもキャッシュフローは改善しなかっただろう。

今回のコロナ禍では感染症の罹患(りかん)に備え、Webや通販などのダイレクト型保険や共済で新規契約が伸びているという。だがコロナ禍で医療保険の加入は必要なのか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
生命保険の罠
Part3 総点検|ジャンル別に診断
家計経済のプロが教えます
通信費よりも多い保険料
お得でない商品が売れたワケ
35年前の内部告発本は語る
外貨建て保険は欠点だらけ
高齢者を狙い撃ちする外貨建て生命保険
外貨建て保険の営業現場で体験したこと
「外貨建て保険」にご用心
Part2 生命保険で運用は大間違い
誌上座談会|従来どおりのやり方は通用しない
知っていれば、むやみに恐れる必要はない
病気への備えは保険より貯蓄
先進医療特約の罠
統計からわかる日本におけるコロナの真実
大手生保&保険ショップ&郵便局
自然災害では生保よりも損保が助けに
Part1「コロナだから生命保険」に騙されないで
保険の本質は「損な賭け」
緊急寄稿|「3つの密」の回避が不可欠
生命保険の罠
総チェック その保険契約、本当に必要ですか?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内