有料会員限定

運用に不向きである5つの理由 外貨建て保険は欠点だらけ

印刷
A
A

保障より資産運用の目的で利用されているが、有利な投資商品ではない。

(TpaBMa/PIXTA)

特集「生命保険の罠」の他の記事を読む

昨今、超低金利が続く中で、外貨建て保険を利用する人は多い。これは金融機関が熱心に販売を推進していることが背景にあるが、利用者の多くがその仕組みを誤解していることもその一因であると思われる。

結論から言えば、外貨建て保険は資産運用にはまったく不向きな商品である。そもそも、保険の役割は「保障」にある。貯蓄や投資を考えるのであれば、預金、株式、投資信託などで運用すべきだ。ところが、預金では金利がほぼゼロなのでお金は増えない。さりとて株や投信はリスクがある。これらのことから、安心感を与える「保険」というネーミングとも相まって、高金利とうたわれる外貨建て保険を選択する人がいるのだろう。

では、なぜ外貨建て保険は資産運用に向いていないと筆者が主張するのか。その仕組みを見ていこう。

1 商品性が中途半端

保険と名前はついているものの、外貨建て保険は死亡保障がそれほど手厚いわけではなく、中身は投信と同じ単なる資産運用商品である。払い込んだ保険料からさまざまな経費や手数料を引かれ、さらには保障に回す部分もあることを考慮した場合、それほど有利な資産運用商品ではない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
生命保険の罠
Part3 総点検|ジャンル別に診断
家計経済のプロが教えます
通信費よりも多い保険料
お得でない商品が売れたワケ
35年前の内部告発本は語る
外貨建て保険は欠点だらけ
高齢者を狙い撃ちする外貨建て生命保険
外貨建て保険の営業現場で体験したこと
「外貨建て保険」にご用心
Part2 生命保険で運用は大間違い
誌上座談会|従来どおりのやり方は通用しない
知っていれば、むやみに恐れる必要はない
病気への備えは保険より貯蓄
先進医療特約の罠
統計からわかる日本におけるコロナの真実
大手生保&保険ショップ&郵便局
自然災害では生保よりも損保が助けに
Part1「コロナだから生命保険」に騙されないで
保険の本質は「損な賭け」
緊急寄稿|「3つの密」の回避が不可欠
生命保険の罠
総チェック その保険契約、本当に必要ですか?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内