有料会員限定

実録・コロナ営業トーク 大手生保&保険ショップ&郵便局

印刷
A
A

コロナ禍の保険営業の現場で、どんな勧誘が行われているのかを体当たり取材。

イラスト:髙栁浩太郎

特集「生命保険の罠」の他の記事を読む

私は今年32歳になるフリーライター。編集プロダクションに所属する会社員でもある。定期的に保険ショップに行っては、保険のトレンドを探るのがライフワークだ。聞けば最近、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、保険の相談や見直しをする人が急増しているという。緊急事態宣言が解除されたタイミングで早速店舗へ行ってみた。

まず訪れたのは国内大手生命保険会社の店舗。同世代の女性保険コンサルタントが対応してくれた。

「現在のお仕事は? 月々の出費はどのくらいですか?」

次々と質問が飛んでくるが、肝心のコロナトークは始まりそうもない。話しているうちに話題が医療保険になった。そこで、新型コロナに感染すると治療費は公費で賄われるが、それに加えて保険金も下りるかを聞いてみた。

「もちろんコロナも病気に当てはまるので保障の対象です」

新しい病気が保険の対象になるまでには時間がかかりそうなイメージがあるが、「弊社は比較的早くにコロナも対象にすることが決まりました。この柔軟性は大手の強みですね」とのこと。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
生命保険の罠
Part3 総点検|ジャンル別に診断
家計経済のプロが教えます
通信費よりも多い保険料
お得でない商品が売れたワケ
35年前の内部告発本は語る
外貨建て保険は欠点だらけ
高齢者を狙い撃ちする外貨建て生命保険
外貨建て保険の営業現場で体験したこと
「外貨建て保険」にご用心
Part2 生命保険で運用は大間違い
誌上座談会|従来どおりのやり方は通用しない
知っていれば、むやみに恐れる必要はない
病気への備えは保険より貯蓄
先進医療特約の罠
統計からわかる日本におけるコロナの真実
大手生保&保険ショップ&郵便局
自然災害では生保よりも損保が助けに
Part1「コロナだから生命保険」に騙されないで
保険の本質は「損な賭け」
緊急寄稿|「3つの密」の回避が不可欠
生命保険の罠
総チェック その保険契約、本当に必要ですか?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内