有料会員限定

コロナは本当に怖いのか 統計からわかる日本におけるコロナの真実

印刷
A
A

不安ばかり広がるが、重要なのはデータに基づく客観的な検証だ。

特集「生命保険の罠」の他の記事を読む

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によれば、この原稿を執筆している6月27日時点で世界の感染者は1000万人、死者は50万人に迫る。

だが日本の被害は拍子抜けするほど軽微だ。感染者は1万8000人ほど、死者は1000人に満たない。死者はもっと多いはずだとの説もある。直近の死亡統計などを基に推計すると、死亡数は公表値の2〜3倍はいるという専門家もいる。

しかし死亡数が仮に2000〜3000人だったとしても、実は季節性インフルエンザ(普通のインフルエンザ)の足元にも及ばない。日本では毎年1500〜3000人がインフルエンザで亡くなっている。加えてインフルエンザによって引き起こされた合併症で亡くなる人(インフルエンザ関連死亡者)が、1万人前後もいる。

ところが今年は、インフルエンザ患者が例年と比べてかなり少なかった。そのため新型コロナの死者を加味しても、差し引きで死亡数はほとんど増えていない。だから新型コロナは日本人の寿命の延びにまったく影響しなかった可能性が極めて高い。「人生100年時代」のトレンドは、少しも修正を受けなかったというわけだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
生命保険の罠
Part3 総点検|ジャンル別に診断
家計経済のプロが教えます
通信費よりも多い保険料
お得でない商品が売れたワケ
35年前の内部告発本は語る
外貨建て保険は欠点だらけ
高齢者を狙い撃ちする外貨建て生命保険
外貨建て保険の営業現場で体験したこと
「外貨建て保険」にご用心
Part2 生命保険で運用は大間違い
誌上座談会|従来どおりのやり方は通用しない
知っていれば、むやみに恐れる必要はない
病気への備えは保険より貯蓄
先進医療特約の罠
統計からわかる日本におけるコロナの真実
大手生保&保険ショップ&郵便局
自然災害では生保よりも損保が助けに
Part1「コロナだから生命保険」に騙されないで
保険の本質は「損な賭け」
緊急寄稿|「3つの密」の回避が不可欠
生命保険の罠
総チェック その保険契約、本当に必要ですか?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内