生命保険の罠 総チェック その保険契約、本当に必要ですか?

印刷
A
A

民間の生命保険商品にはさまざまな罠(わな)がある。コロナ禍の不安に踊らされないリテラシーを身に付けよう。

本誌:山田雄一郎、山田雄大、梅垣勇人、緒方欽一、奥田 貫、許斐健太

週刊東洋経済 2020年7/25号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「生命保険の罠」の他の記事を読む

よくも悪くも、人々の不安が増大しているときは生命保険会社にとって商機だ。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の解除後、かつてのような対面の“3密営業”は大っぴらに展開しにくくなっている。それでも空前の攻勢のタイミングが生保業界に訪れていることに変わりはない。

ひるがえって、消費者にとってはひたすら守りを固める守勢のタイミングといえる。「コロナが不安だから」と揺れる感情に任せ、保険の営業職員に言われるままに「がんも不安」「介護も不安」と生保に次々と加入していけば、月々の保険料負担が急増。虎の子の貯蓄が増えない、下手をすれば減ってしまう悪循環に陥りかねない。

「それならば」と貯蓄型保険に入るのも慎重に判断したほうがよい。元本が保証されているかのような生保商品の中には「満期まで保有すれば」とか「外貨ベースでは」などのただし書きがつく。これらは一般消費者にとっては罠(わな)に等しいのではないか。

ではどうするべきか。まず公的制度をよく知ることだ。日本では民間の生命保険に入らなくても、十分な公的保障を受けられる。自分を救うのは、他人の甘い言葉ではなく、自ら得た知識である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
生命保険の罠
Part3 総点検|ジャンル別に診断
家計経済のプロが教えます
通信費よりも多い保険料
お得でない商品が売れたワケ
35年前の内部告発本は語る
外貨建て保険は欠点だらけ
高齢者を狙い撃ちする外貨建て生命保険
外貨建て保険の営業現場で体験したこと
「外貨建て保険」にご用心
Part2 生命保険で運用は大間違い
誌上座談会|従来どおりのやり方は通用しない
知っていれば、むやみに恐れる必要はない
病気への備えは保険より貯蓄
先進医療特約の罠
統計からわかる日本におけるコロナの真実
大手生保&保険ショップ&郵便局
自然災害では生保よりも損保が助けに
Part1「コロナだから生命保険」に騙されないで
保険の本質は「損な賭け」
緊急寄稿|「3つの密」の回避が不可欠
生命保険の罠
総チェック その保険契約、本当に必要ですか?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内