有料会員限定

「一番安い保険」がいいに決まっている 家計経済のプロが教えます

印刷
A
A
経済ジャーナリスト 荻原博子(おぎわら・ひろこ)1954年生まれ。経済事務所勤務を経て独立、経済ジャーナリストとしてテレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍中。『「郵便局」が破綻する』(朝日新書)や『保険ぎらい「人生最大の資産リスク」対策』(PHP新書)など著書多数。

特集「生命保険の罠」の他の記事を読む

不適切な保険販売が表面化したかんぽ生命、顧客からの苦情が相次いだ外貨建て保険、そしてコロナ禍。私たちは今、保険に対してどのような視点を持っておくべきなのか。経済の仕組みを生活に根差して解説することに定評がある、経済ジャーナリストの荻原博子氏に聞いた。

──かんぽ生命は今、顧客の契約状況を調査し損なわれた利益の回復まで図っています。晴れて営業再開となったときには、もう問題がないと思っていいのでしょうか。

大丈夫とはいえません。かんぽ生命で起きた不正販売問題は、そもそも郵便局の経営が難しくなっていることに原因がありました。その原因は解消されていません。

郵便局は全国一律のユニバーサルサービスを義務づけられています。どのような地域であっても、必要なコストに関係なくはがき1枚を63円で届けなくてはいけない。完全なる赤字体質です。

でもユニバーサルサービスが義務づけられているため、郵便局の数を減らすことすらできない。そのために局員を2割減らしました。業務量は変わらずに人員だけ削減され、売り上げは上げろ、ノルマは達成しろというのは完全にブラック企業のやり方です。郵便で稼げない分を補おうとした結果、むちゃな保険販売につながったのです。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
生命保険の罠
Part3 総点検|ジャンル別に診断
家計経済のプロが教えます
通信費よりも多い保険料
お得でない商品が売れたワケ
35年前の内部告発本は語る
外貨建て保険は欠点だらけ
高齢者を狙い撃ちする外貨建て生命保険
外貨建て保険の営業現場で体験したこと
「外貨建て保険」にご用心
Part2 生命保険で運用は大間違い
誌上座談会|従来どおりのやり方は通用しない
知っていれば、むやみに恐れる必要はない
病気への備えは保険より貯蓄
先進医療特約の罠
統計からわかる日本におけるコロナの真実
大手生保&保険ショップ&郵便局
自然災害では生保よりも損保が助けに
Part1「コロナだから生命保険」に騙されないで
保険の本質は「損な賭け」
緊急寄稿|「3つの密」の回避が不可欠
生命保険の罠
総チェック その保険契約、本当に必要ですか?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内